レビューメディア「ジグソー」

リドリー・スコット監督が作ったSFサバイバル超大作

Google playの75%OFFの割引券が届いたので何か見ようかなと思っていたのですが「オデッセイ」は見てなかったなぁと思い視聴しました。

 

 

著作権があるので画像は貼れませんがyoutubeに予告編があったので貼っておきます。

 

 

 

 

ストーリは以下の通りです。

 

独りぼっちで火星に取り残され、地球との交信手段もなく、次にNASAが有人機を送り込んでくるのは4年後。サバイバルに不可欠な食糧も酸素も水も絶対的に足りない。そのあまりにも過酷な現実を直視しながらも、ワトニーは決して生き延びることを諦めなかった。やがてワトニーの生存を知って衝撃を受けたNASAや同僚のクルーは、地球上のすべての人々が固唾をのんで見守るなか、わずかな可能性を信じて前代未聞の救出プランを実行するのだった……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 リドリー・スコット監督が描く奇跡のSFサバイバル超大作というとカッコ良いですが中身はダッシュ村です。火星でジャガイモを作ったりします。

 

 

 

 

原作のアンディ・ウィアーさんはこんな感じの人です。

 

『オデッセイ』原作者が作品の魅力と“アニメ愛”を語る!

 

 

 映画を見てから原作の『火星の人』を読んでも良いと思います。

 

 

 

[12:04]JPL:(…)追伸:発言には気をつけてほしい。きみが打ち込んだ内容は全世界に生中継されている。
[12:15]ワトニー:見て見て! おっぱい!―> (.Y.)

 

 

 

原作はひどいですね。ラノベの主人公ですか?

 

 

 

 

 

 

映画化の経緯も凄いです。

 

 

 

wikipediaより抜粋です。

 

2009年から自身のウェブサイトで「火星の人」を連載していたが、読者からまとめて読みたいとの要望を受け2011年にkindleで出版。最低価格の99セントで売りだしたが、発売3ヶ月で3万5000ダウンロードを記録し、SF部門の売上げトップ5に躍り出た。その後『オデッセイ』として映画化された。

 

 

アメリカンドリーム?

 

 

 

SF好き、ダッシュ村好き、トータルリコール好き、宇宙兄弟やテラフォーマーズ、銃夢が好きな人にはぜひ見てもらいたい映画です。火星が非常に美しく映像化されています。

 

 

 

 

 Googleさん割引券ありがとう。

 

 

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2016年05月25日

  • 購入場所

10人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから