レビューメディア「ジグソー」

チェーンリングを保護するのが本来の役目です。

バッシュガードはMTB(マウンテンバイク)がチェーンリングを守るために装着する物です。MTBは荒れた道を走るのでこのようなガードを付けます。段差を越える際に岩などにぶつかってしまった場合にチェーンリングが破損してしまうことを防ぎます。

 

 

 

 

ロードバイクのチェーンリングはだいたいむき出しになっています。チェーンをカバーする部品を付けると、その分重くなるからです。ロードは速く走るのが目的の自転車ですからこのようなものは付けません。クロスバイクなどもカバーは付いていない物が多いと思います。

 

普段着でチェーンリングがむき出しのバイクに乗るとズボンの裾がチェーンの油で汚れたり裾がチェーンリングに噛まれたりします。「ズボンの裾にはバンドをして噛まれないようにして下さい」と自転車屋さんに言われることが多いと思います。

 

 

 

 

 

この裾バンド、気軽に街乗りをしようとすると割と付けるのを忘れるんです。家に戻るのが億劫になって裾をまくって走ったりとかしてしまいます。

 

 

 

今回組んでいるビアンキは分類的にロードバイクなのですが、これをどうにかしようという事でバッシュガードを導入しました。チェーンリングがむき出しではなくなるので裾の巻き込みを防ぐことができます。

 

フロントシングルなのでアウター側にバッシュガード、インナーにギア板を一枚という感じで使っています。

 

 

 

ちょっと重くなりますが街乗りバイクとして組んでますから快適さを重視します。

 

 

導入する場合は大きさがいろいろあるのでサイズを確かめてから購入することをお勧めします。

 

 

  • 購入金額

    3,615円

  • 購入日

    2015年11月15日

  • 購入場所

9人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから