レビューメディア「ジグソー」

AGPを振り回す最終兵器

ASRock先生の変態マザー4CoreDual SATA2に搭載するために購入。
AGPスロットを持ちながらLGA775スロットを持ち、古いParheliaをぶん回すのにうってつけのマザーなのだがFSB1066までの対応。


という訳でFSB1066のCore2Duoとしては最大の型番を持つこのE7600に白羽の矢がぶっ刺さったわけです。クアッドコアも考えたのだが、使用するアプリが古いものが多いのを考えスレッド数よりクロック重視でこちらに。
Core2のロゴは縦長タイプのままだが、箱は小さくなった時期でその前に買ったE8400の箱にすっぽり入ってしまう。結局LGA1156の間はこの箱のサイズだったのかな?


E7600発売から大して時期がたっておらず、マザーの方は逆に発売からかなり経っており、動作報告はほとんど無かったのでプチ人柱。
まあ非公式BIOSさえ当てれば下位になるE7500での動作報告があったので、ほぼ大丈夫だったのだが、BIOSアップデートができるかどうかは少々賭けだった。でもあっさりできちゃった。

変態マザーということでPentium4 3.2EGHzからの置き換え。Parheliaがボトルネックになる場面でもCPUパワーで強引にぶん回す辺りはさすが何世代も後のCPUといったところ。クリスタルマークの総合スコアも2倍弱にまでアップ。
何よりプレスコットの発熱と騒音から開放されたのが大きいのだが、実は騒音に関してはプレスコットも大型クーラー使用でマシになっており、結局換装前も後もParheliaが一番の騒音元になってしまったというオチが。当然E7600はリテールでもかなり大人しい。発熱も謙虚。

Windows7エクスペリエンスインデックスのプロセッサスコアは6.6をたたき出す。
実クロックのせいなのか一部ベンチマークはE8400を若干超える事もあった。現在は実クロックが更に高いPentiumDualCoreE6800が出ているのでそれのスコアとも比べてみたい気がしないでもない。

気づけば手持ちの別PCがXeonだのi5だのになっていたが、現状AGPグラフィックカードを使えるCPUとしては最高クラスなので、変態マザーかParheliaのどちらかが故障しないかぎり買い換えることはないはず。
  • 購入金額

    13,904円

  • 購入日

    2009年07月27日

  • 購入場所

    Amazon

15人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから