レビューメディア「ジグソー」

答えは自分で見つけるしかない。

東野 圭吾氏による加賀恭一郎シリーズの第3作。
私が初めて読んだ氏の作品で、これがきっかけで氏の作品を読むようになりました。

ストーリーは、和泉康正が遺体となった妹を発見し、巧妙に自殺を偽装されていたものの肉親としての直感から他殺であると看破、元恋人・佃潤一と親友・弓場佳代子のどちらかが犯人であると確信し、警察に協力せず自らの手で犯人に裁きを下すことを決意する、といった感じです。

和泉康正は交通課の警察官で警察自体に関して良くも悪くも理解があるわけですが、この康正と加賀恭一郎による駆け引きは結構読み応えがあります。

ちなみに、この作品は最後まで犯人がどちらかなのかハッキリと提示しません。
内容をよく読んで自分なりに整理して結論を出す必要があります。
  • 購入金額

    620円

  • 購入日

    不明

  • 購入場所

5人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから