レビューメディア「ジグソー」

使いやすいエンコードソフト

フィルターや出力形式が豊富なエンコードソフト。
カット編集もしやすいですし、マルチスレッド対応・NVIDIA CUDA対応と優秀なソフトだと思います。

私は以下の環境で使用しています。
 CPU:Core i7-980X Extreme Edition
 メモリ:Corsair CMX6GX3M3A1600C9(DDR3 9-9-9-24 1600MHz 2GB×3=6GB)
 グラボ:ENGTX285/HTDP/1GD3(GeForceGTX285)
 SSD:I-O DATA SSDN-ST64H(OS用)
 HDD:Seagate ST3750330AS(750GB HDD ×2台 Raid0)
 OS:Windows7 Ultimate 32bit

テスト環境
 元データ:Canopus HDRECSで1080iでキャプチャしたAVIデータ 29分50秒 25GB
 元データの保存場所及びエンコードの出力先:Raid0 HDD
 環境設定→CPU/GPU設定内の「マルチスレッドの設定」は全てチェックを入れ、
 先読みキャッシュは最大値を入力
 
カット編集:23分30秒
使用フィルター
 「インターレース解除」
   24fps化(動き優先)→逆プルダウン(縞除去強化)
 「色調補正」
   簡易設定:彩度+80
 「輪郭強調」
   強さ:100 範囲:広い
出力設定:AVI
  コーデック:DivX 6.9.2 1Pass ビットレート5,000kbps
   エンコーディングプリセット:10
   エンコーディングモード:最も優れた品質

「NVIDIA CUDA2.3の設定」はフィルタリングのみにチェックした場合
 エンコード時間:37分50秒(CPU=40.0% CUDA60.0%)
 出力データ時間(23分30秒)の約1.6倍

「NVIDIA CUDA2.3の設定」を使用しない場合
 エンコード時間:59分
 出力データ時間の約2.5倍

※エンコード時間はバラつきがありますので、上記時間はあくまで目安と考えて下さい。

※CUDAを使用する際は、ローエンドのGeForceは避けた方が良いです。
私は最初にGeForce 9600GTで使用しましたが、エンコード中はマウスカーソルの移動すら満足に表示出来なくなりました。
GeForceGTX285では動画再生やゲーム等問題なく行えます。

※出力をDivXで2Passに設定すると「アクセスが拒否されました。(エラーコード 0x80070005)」とエラーが出るときがあります。
DivXのログデータのエラーのようですが、同じデータで何度やってもエラーが発生したことや、別のデータでは何も問題なかったことから元データ自体にも何か問題があるのかなと思います。
カット編集をやり直すことでエラーが発生しなかった時もありますが、解決方法は未確立です。

※アップデートは3~4ヶ月に1度程度と、頻度は高いほうだと思います。
ただ、アップデートしたことによって不具合が発生したこともあるので、旧バージョンのインストーラーは保存しておいた方が良いです。
  • 購入金額

    9,800円

  • 購入日

    不明

  • 購入場所

    Pegasys Inc

16人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (10)

  • ryo157さん

    2010/06/17

    銀狼さん

    COOLありがとうございます
他7件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加