レビューメディア「ジグソー」

驚異の速度を体験せよッ!

WD Blue 3D NAND SATA SSD ~PS4 の大容量&高速化を実現~
ということでWESTERN DIGITAL製「WDS100T2B0A」のプレミアムレビューとなる。

 

【製品概要】
 WDS100T2B0AはWESTERN DIGITAL製のSSDであり、WD Blueに該当する製品だ。
 またSSDで使用されるNANDフラッシュメモリの種類は「SLC」「MLC」「TLC」があるが、
 WDS100T2B0Aは「TLC」のSSDである。しかしただのTLCではない。
 「3D NAND」のTLCなのだ。

【3D NANDとは?】
 通常NANDは1枚の基盤の上に、NANDフラッシュメモリを1枚ずつ敷き詰めていく。
 しかし3D NANDの場合は、平面に敷き詰めるのでは無く「」に何層も敷き詰めているのだ。
 そしてWDS100T2B0Aは「64層の3D NAND」とこれまた積層数も半端ない。
 なお3D NANDとすることで、大容量化や書き込み速度の向上に有利で、
 そして省電力化にも貢献するとのことだ。

【PS4をSSDに換装する意味とは?】
 PS4は店で売っている製品を買うと、1TBのHDDが内蔵されている。
 もちろんそのまま使用して不自由なく遊ぶことは可能だ。
 しかしSSDに換装することで、主に「ロード時間の短縮」が可能となるのだ。

【PS4をSSDに換装する際注意点】
 そこまで気にすることでは無いが、PS4Proが一番恩恵がある。
 理由はこうだ。
  ・PS4pro:SATA3接続
  ・PS4     :SATA2接続

 PS4proはSATA3(理論値上限:600MB/S)接続のため、

 SSDの恩恵を受けやすいということに注意。
 ノーマルのPS4は最大でもSATA2のため、読み書きともに「300MB/S程度」が最大だ。
 ※当然理論値なのでこの速度が必ず出るわけでは無い

 またPCと根本的に違うのは、速度向上がダイレクトに影響があるわけでは無いのも注意。
 PS4はブルーレイディスクから読み取りがあるため、
 どうしてもその部分の読み取りはSSDが関与できない。つまり遅い(HDDより遅い)。
 そのため「速くなる部分もあれば、変わらない部分もある」のは頭に入れておきたい。
 おそらく最大限にメリットが享受できるのは「ダウンロードしたゲーム」である。

更新: 2018/04/30
仕様と特徴

動作を見るまでも無く速度は良好

 前置きが長くなったが、WDS100T2B0Aのスペックをご覧いただきたい。
 今回は比較対象としてSANDISK製「SDSSDXPS-480G」「SDSSDA-240G」を用意した。
 型番だと分かりづらいが、SDSSDXPS-480G→Extreme Pro、SDSSDA-240G→SSD Plusとなる。

 ※なぜSANDISKをチョイスしたかというと、WD社は2015年にSANDISKの買収を発表、

  2016年には買収が完了しているため、ほぼSSDの中身としては同じであるためだ。

 スペックについては下記画像にまとめた。(見づらい場合は拡大をお願いしたい)

 

※Western Digital様製品ページより流用
 参考ページ:https://www.wdc.com/ja-jp/products/internal-ssd/wd-blue-3d-nand-sata-ssd.html

 WDS100T2B0Aは5年保証で、SDSSDXPS-480Gは安定の10年保証。
 が、それ以外は全てにおいてWDS100T2B0Aが勝っているという驚きのスペックだ。
 エキプロといえば、SANDISK買収前最後の鉄板SSDと思っていたが、

 これは新たな鉄板SSD誕生の予感。
 とまぁスペックで語っても仕方あるまい。実際に使ってみようではないか!

更新: 2018/04/30
外観

まさに兄弟

 まずはWDS100T2B0Aの内容物だ。

 

 本体と説明書の2点。なんというか・・・茶箱並のシンプルさだ。

 正直SATAケーブル等同封して値段が上がるくらいなら、

 これくらいのシンプルさでちょうどいいと私は思う。

 

 

 次はSANDISKの血筋SSD3種類による、写真での比較だ。
 上から順番にWDS100T2B0A、SDSSDXPS-480G(エキプロ)、

 SDSSDA-240G(SSD Plus)だ。

 

 結論:シールはがしたらどれがどれだかわからないッ!

 

 しかし裏面はそんなこと無いはず・・・

 

 

 結論:一緒

 まぁWestern Digital社にSANDISK社が買収されているから何の不思議でも無い話だ。
 NANDの種類も東芝・SANDISK系ということで、確実にSANDISKの血筋を受け継いで

 いるSSDということだろう。

 欲を言えば何かWestern Digital社独特の何かがあれば嬉しい。

 別添のステッカー等、差別化できる簡単なものでもいい。

 個人的にはあまりにもSANDISKそのまま(質感もプラスチック)だったため、

 拍子抜けしたというのが正直な感想だ。

更新: 2018/04/30
性能

PCでも良好な速度を記録

 まずはPCに接続し、SATA3接続でベンチマーク。
 使用ソフトはCrystalDiskMark(3_0_4)というちょっとバージョンは古めなソフト。
 ルールは1000MBランダム5セットのデータを取得、となる。

 ※データ取得したときにMX100が混入したが気にしない方向で。

 なおグラフに使用されている略称については、下記のとおりとする。
 ・BLUE:WDS100T2B0A←当製品
 ・SSDPlus:SDSSDA-240G
 ・ExPRO:SDSSDXPS-480G
 ・MX100:CT512MX100SSD1

 

 


 4k Write以下はSDSSDXPS-480Gに譲る(それでもかなり健闘)として、
 全てにおいて良好な結果となった。ここまで来ると「TLCだから~」という
 懸念はもはや過去のもので、今となってはMLCやTLCに関係なく

 選んでしまってもいいのかもしれない。
 とはいえSDSSDXPS-480Gが「10年保証」で、WDS100T2B0Aは「5年保証」という事実は
 覆せないもので、やはりOSを入れるのであればMLC優勢ということにも感じられる
 ただし、ゲームを入れるSSDということであれば、

 全く気にせずWDS100T2B0Aを選んでしまっていいだろう。

 お次はPS4で使用する場合において、是非上げておいた方がいいと個人的に思っている、

 USB3.0接続での速度について、同様にベンチマーク結果を上げていきたい。
 というのも、PS4ではUSB接続のストレージにゲームデータを格納することで、
 内部のHDDを換装すること無く、手軽にSSDを接続することができるのだ。
 となると気になるのはUSB接続での速度。
 ただし断りを入れておきたいのが「PS4(初期型)はUSB2.0接続」であるが、
 当のベンチマーク結果は「USB3.0接続」のものであるということだ。
 実際に使用した場合、もう若干のスコア低下があることを了承頂きたい。
 ※ここではMX100のスコアは計測していない

 

 ということで見てみると・・・やはりUSB接続のためSATA3と同様とはならない。
 SSDPlusはやはり廉価のため、結果が振るわないようである。
 ただしWDS100T2B0AとSDSSDXPS-480Gはもはや誤差のレベルで有り、
 やはりゲームを入れるSSDとしてはどちらを選んでもそこまでの差はないという結果だ

更新: 2018/05/05
やってみた

~タイトル作成中~

【PS4のHDDをSSDへ換装しよう!】

まずはPS4に換装する動画をまとめてみた。
こちらは初期型の換装になるため、それ以外の型については別の型のレビューを参照いただきたい。


 テキストでも簡単にまとめておいたので、要点だけつかみたい方はこちらを参照いただきたい。
 1.HDDカバーを取り外す
   他とは違う光沢のあるプラスチックカバー、これをスライドして取り外そう。
   若干力が必要だったりするが、無理に力をかけずにツメを折らないよう気をつけよう

 2.HDDトレイを留めているネジを取り外す
   ○×△□の刻印がされたネジを取り外そう。

 3.HDDトレイを取り外す
   HDDトレイをそのまま下に引き抜き、HDDトレイを取り外そう。

 4.HDDトレイのネジを取り外す
   HDDを留めている4つのネジを取り外そう。

 5.HDDトレイにSSDを取り付け、ネジ留めをする
   HDDトレイにSSDを取り付け、4つのネジを留めよう。

 6.本体にHDDトレイを差し込み、ネジ留めをする。
   本体にHDDトレイを差し込み、かちっと言うまで奥に入れよう。
   奥に入ったことを確認して、再び○×△□の刻印の入ったネジで留めよう。

 7.HDDカバーを取り付ける
   最後にHDDカバーを取り付けて完成!

 思ったより難しくは無く、動画や説明を身ながらであれば、誰にでもできそうだ。
 しかしこれで換装は終わったが、やることはまだまだある。
 次に何も入っていないSSDへ、PS4用のOSインストールを行う必要がある。
 図にまとめてみたのでご覧いただきたい。


 以上のようにUSBメモリをexFATでフォーマットしてから行えば
 全く難しくは無いと言うことがお分かり頂けるであろう。
 なお、この手順を覚えておくと、トラブルがあったときに自力で解決できることが多くなる。
 是非、頭の片隅にでも記憶して頂きたい。

 

【PS4で実際にゲームをプレイしてみよう】

 次に実際にゲームをしたものを、動画として録画した。

 プレイしたゲームは「コールオブデューティ ワールドウォー2(COD WW2)

 HDD、SSHD、SSDでインストールしたケースをそれぞれ、youtubeへアップロードした。

 補足として、それぞれ下記の製品を使用している。

 ・HDD:MQ01ABD100H

 ・SSHD:ST1000LX001

 ・SSD:WDS100T2B0A

 

 ちなみにOSのインストールは、上記図のとおりPS4再インストール手順をしたものと、

 

 これを使用した、クローニングの2種類で試してみた。

 両方とも問題なくPS4を使用することができたが、下記のような違いがあるので

 参考情報として記載しておく。

 ○PS4再インストール手順の場合

  <メリット>

   ・再インストールにかかる時間は長くて1時間程度(起動するだけなら一番速い)

   ・特に費用がかからない

 

  <デメリット>

   ・例えば1TBモデルのHDDにデータを山ほど詰め込んだ場合、

    クリーンインストールとなるため、全てを復旧する時間がとてつもなくかかる。

 

 ○クローニングの場合

  <メリット>

   ・寝てる間or外出時にセットしておけば、手間なしで全てを終わらせることができる

 

  <デメリット>

   ・費用がかかる

   ・ソフトウェアクローニングだと、成功しない可能性が高い

 

 そんなにデータが入っていない場合or購入と同時に換装するのであれば、

 PS4を再インストールした方が圧倒的に速い。

 が、個人的には時間が許されるのであれば「クローニング」でのセットアップをオススメする。

 現に私は1TBに結構データを詰め込んでいたわけだが、

 データの復旧や設定の復旧、サブアカウントの復旧に恐ろしい時間を要したのだ。

 個人的には、別途クローニング用のクレードルを購入してでも強くオススメしたい。

 冗談抜きに、2度と同じことをやりたくないくらい疲れたのだ(笑)

 

【HDD】

【SSHD】

【SSD】

 

なお、没となったHDD版も一応リンクを貼っておく。

没となった理由は、録画したPCのスペック不足により、激しく動画がカクつき爽快感ゼロのため。

ちょっと内容的には、眠らせておくのはもったいないくらいいい試合だったのだ・・・

 

【各ストレージによる起動時間等を調べてみよう】

 次に、ストレージ3種類による処理時間を比較してみた。

 ゲームは下記2種類。

 ・コールオブデューティ WW2(BD版)

  →マップのローディング時間を比較

 ・モンスターハンターワールド(ダウンロード版)

  →ゲーム起動~タイトル時間の表示まで比較

  →クエスト受注~クエスト開始までの比較

 COPYRIGHT (c) 2017 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION

 ©CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED. 

 

 忙しい方のために比較結果+PS4の起動時間比較の一覧を残しておこう。

 このような結果になった。

 全般的にWDS100T2B0Aは速いが、PS4の起動時間自体にはさほど影響はないようだ。

 このことから、

 SATA2対応の初期型PS4でもSSD導入のメリットは十分あるという結果になった。

 

 

更新: 2018/05/04
総評

PS4proなら問答無用にオススメ。

初期型のPS4ですら、SSHDとは比べものにならない程のロード時間短縮効果を感じた。

そのため、SATA3対応のPS4proは問答無用にオススメしたい。

最近はダウンロード版もかなり多く出回っているため、

旧型PS4でも金銭的に余裕があるならイチオシの逸品だ。

また、換装をしなくても、外付けクレードルを使用して本製品を接続することも可能なため、

気軽に使用することができるのも大きな特徴だ。

昔と違い、SSDも容量あたりの単価が大分下がってきているため、

快適にゲームをプレイしたいと思われていたら、是非WDS100T2B0A導入をしてみてはいかがだろうか。

24人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから