レビューメディア「ジグソー」

WindowsVista世代のローエンドノートに搭載されていたCore2 Soloの弟分(;=゚ω゚)=333

intelのSocketP向けCPU「Celeron 550」です。
引き取った、故障したノートPCに組み込まれていたものです(;=゚ω゚)=333

【モデルナンバー(実クロック)】550 / 2.0GHz(FSB533MHz)
【コードネーム】Merom-1M
【製造プロセス】65nm
【L1/L2キャッシュ】不明 / 1024KB
【コア電圧/TDP】1.3V / 31W
【主な拡張命令】SSE3/SSSE3/intel64/XDbit
【内蔵GPU】無し
【Socket/Slot】SocketP
【sSPEC】SLA2E
【リリース時期】2007年10月
【発売時の記事】
http://ascii.jp/elem/000/000/075/75546/

Core2 Soloの2次キャッシュを削減し、EIST等の機能を省略したCPUです。
WindowsVista世代のローエンドのノートPCに搭載されていました。

デスクトップ用のLGA775向けのCPUであるCeleron420~450(Conroe-L)のノート版と考えるとわかりやすいです。

速くは無いですが、Vistaがそれなりに動いていたので、遅すぎるという印象はありませんでした。この辺りはCoreマイクロアーキテクチャの良さが出ていますね。

会社のお偉いさんから、故障したDELLのノートPCを戴き、その中に搭載されていました。
ノートPC自体はVRMのFETが逝っているようで、電源のホット側とGNDがショート状態でした。部品が手に入らないので修理は諦めて、部品取りとなりました(^^;
  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2012年07月頃

  • 購入場所

    戴きもの

17人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから