レビューメディア「ジグソー」

コロナウィルスワクチンを打つようになってから インフルエンザワクチンも製造会社を気にするようになった

医療従事者の皆さんは、一般人より早めにコロナウィルスワクチンの接種を済ませておられます。

 

またコロナ禍以前から、秋〜冬を迎えるとインフルエンザワクチンの接種を求められることが

 

普通でした。

 

来年を迎えた早めの時点で、3度めのコロナウィルスワクチン接種(俗に言うブースター接種)が

 

予定されていますので、みなさん今年は早めのインフルエンザワクチン接種を済ませておられるようです。

 

昨年は国民の多くが手洗い・マスク装着を習慣とされるようになったこともあり

 

インフルエンザ感染者は大幅に減ったと聞いております。

 

その反動で、今年の冬はインフルエンザが大流行するかも、罹患すると重症化する可能性が高いとも

 

聞いております。

 

希望に対してワクチンの量が少ないとも聞いておりましたが、かかりつけ医に尋ねると、

 

十分な量が確保されているので、来てくださいということなので、家族が順番にお世話になっております。

更新: 2021/10/27

製造会社

コロナウィルスワクチンの報道にふれるようになって

 

ファイザー製薬だ モデルナだ

 

アストラゼネカだ ジョンソンアンドジョンソンだ 中国製だ ロシア製だと

 

製造会社や 生産国を気にするようになりました。

 

 

家内は元医療従事者なので、昨年のインフルエンザワクチンの製造会社を覚えておりました。

 

聞けば、昨年度は 北里第一三共製だったそうです。

 

 

今年のワクチンは、Meiji Seika ファルマ でした。

ひとり3500円なり。

 

人によると、ファイザーのコロナウィルスワクチンのときより 腕が赤く腫れたという人も

おられるようですが、私は昨年と全く変わりません。

痛みも腫れもありません。

10年ほど前に 微熱と倦怠感という疑似症状が数日続いたことはありますが

その時期の気温、仕事量、色々な要素がありますので、因果関係はわかりません。

不特定多数の方と対面でお仕事をしますし

お向かいはコロナ患者さんも受け入れている大病院ですので、この種のワクチンとは

縁を切ることは出来ません。

 

新型コロナウイルスも 少し前に東アジアで流行したSARSのように 徐々に消えてくれますように。

 

  • 購入金額

    3,500円

  • 購入日

    2021年10月24日

  • 購入場所

    かかりつけ医

9人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    新着レビュー

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから