レビューメディア「ジグソー」

マジックジャンルで「演じてみた」動画をニコ動に定着させた、びーもさんの解説本(必読)

本来であれば、2020年のGWに開催されるはずだった「マジケ」こと、「マジックマーケット2020」。

その名の通り、マジックや手品のネタや解説本、小物やマジック関連のレビュー本などマジック関係なら何でもありの即売会。

 

しかし、新型コロナウイルス蔓延によるイベント自粛要請を受け、リアルイベントからオンラインイベントに姿を変えることになった。

 

ただこれは悪い面ばかりではなく、出品者との直接の会話や、目の前でのデモンストレーションが体験できなくなった代わりに、参加が容易になったことで、わざわざイベント会場に行くほどではなくても、ネット参加なら覗いてみようかと思った人も多いのではないだろうか(かく言うワタシも、そう)。

 

このイベントには、プロやセミプロ、アマチュアや大学の同好会も参加していたが、その中の自分にとっての本命はびーもさん。2010年代前半に多くニコニコ動画に「演じてみた」と題して、ボカロ曲の詞に合わせて主にカードを使ったマジックを披露した人物。詞の内容を反映した物語性がある緻密な構成で、手品を見るというよりは、むしろそのストーリーを観るという感じの味わい深さが素晴らしかった演じ手さんだったが、すっかり最近は投稿が途絶えていた。

 

その彼が、久しぶりに動画を投稿して宣伝したのが「マジケ」。自分はマジックを観るのは結構好きだが、自分でしたり、ネタ展のようなイベントに行くほどの入れ込み方ではない。

 

ただ、ネットで観られるならと覗いてみて、「これは!」と思ったのが本品。

 

演じてみた を 解説してみた」。

見つけたときは「あの動画の解説が見られるの~!!(歓喜)」という感じ
見つけたときは「あの動画の解説が見られるの~!!(歓喜)」という感じ

 

つまり、びーもさんが始めたとも言えるニコ動のジャンル、「演じてみた」の解説本。動画を見てもタネがワカランし、動画によっては元曲が投稿されてから1週間ほどでマジック動画が投稿されたこともあって、ネタをどう拾ってきてどう広げているのか、その組み立てにも興味があったので...

 

内容としては、

・どうして「演じてみた」動画を作ろうと思ったか

・「演じてみた」動画の作り方

・「演じてみた」動画の実例解説

という感じ。

 

実例解説は期待したもの「そのもの」だったし、作り方も順に作業して構築していく考え方がわかってとても面白かったのだが、どうして「演じてみた」動画を作ろうと思ったかの部分が予想外に面白かった。曰く、手品動画という「最初見たときはびっくりするものの、(タネやシカケはわからずとも)次に何が起こるかわかってしまうと、繰り返し観ることは少ない」という特性?を覆し、繰り返し再生してもらうためには...という着想だったらしい。これはズバリあたり、マジック動画としては破格の10万再生超を連発することになる。

解説本の構成も、いわゆる「ネタばらし」より、「どう話を組み立てていったか」にウエイト
解説本の構成も、いわゆる「ネタばらし」より、「どう話を組み立てていったか」にウエイト

 

そんな「演じてみた」動画の解説は「ここまで明かして良いのか..」という完全タネ明かし。

デックの内容や両面テープなどのシカケも完全公開
デックの内容や両面テープなどのシカケも完全公開

 

取り上げられた「演じてみた」動画はいずれも名作で、

①再生数最多(56万再生超)、1万3千コメントの弾幕でもはや画面が見えない

 「【叩けないから】地球最後の告白を 演じてみた【叩かない】

 

②演じ歌いの名手ゆめこヴァージョンの曲と合わさって涙腺崩壊必至

 「【演ぜぬなら】アヤノの幸福理論 演じてみた【演じよう】

 

③びーもさんを代表するタグ、「スタイリッシュポイ捨て」の極み、

 「【振れないから】君はできない子 演じてみた【振らない】

 

の3曲。①、②はびーもさんを代表する「泣ける手品」だし、③はやや難解で/かつ/ブラック寄りの解釈で、タネもそうだが、どう解釈してどう表現しているかという動画の解説が見たかったこともあって、ベストチョイス。

 

びーもさんの動画には、まだタネがワカランのはいっぱいあるけど、全部識ってもツマランからね。

 

ちなみにこの本と同時に販売された占いの本、

2018年マジケ頒布モノの再販とか。

 

占いの方は完売したが、こちらはその4倍刷ったので多少は残ったらしい。

 

でも次の機会があるまで死蔵するんだって(前回はBOOTHで頒布)。

その時までに、また新しい動画投稿して、次の解説本も一緒に出してくれないかなー...(期待

 

【仕様】

判型:B5縦

ページ数:58

内容(目次):

 1. はじめに

 2. 「演じてみた」を始めたきっかけ

  2-1. ニコニコ動画とマジック

  2-2. 「演じてみた」ができるまで

 3. 「演じてみた」を作る

  3-1. 曲を選ぶ

  3-2. 構成を考える

  ・解釈を検索する

  ・エンディングから考える

  ・特徴的な歌詞や音を拾う

  ・全体をまとめる

  ・マジックを選ぶ

  ・手順に落とし込む

  3-3. カードを作る

  3-4. 撮影する

  3-5. 編集・投稿する

 4. 「演じてみた」を解説してみた

  4-1. 地球最後の告白を 演じてみた

  4-2. アヤノの幸福理論 演じてみた

  4-3. 君はできない子 演じてみた

 5. 参考動画・資料

 6. おわりに

更新: 2020/05/09
納得度

これはスゴイや...

字面をみると「理解」は出来るが、それを思いつくのがスゴイ。あと実践のテクニック...

  • 購入金額

    2,000円

  • 購入日

    2020年05月02日

  • 購入場所

    マジックマーケットオンライン2020

14人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから