レビューメディア「ジグソー」

2017年のアニメ化を受けて行われたリアルイベントの資料系アイテム。

「芋づる式洲崎綾 Part7」。Webラジオのキャラクターの面白さと天使の歌声のギャップ萌えですっかりファンになった洲崎綾(あやちゃん/ぺっちゃん/あやっぺ)関連。12月といえばあやちゃんのバースデイということで、それに向けてこの1年で増えてきた彼女の参加した作品や楽曲、Webラジオのイベントやそれらの関連商品まで、幅広く芋づる式にご紹介するシリーズレビューの...線路は続くよ7回目。

 

「バトルガール ハイスクール」。惜しまれながらも今年(2019年7月)サービスを終了したゲームアプリで、それを起点としてアニメやノベライズなどがメディアミックスとして展開された。

 

このコンテンツの起点は2015年4月、終焉が2019年7月で、4年少々の展開だったのだが、一番のピークは、2017年。この年はゲームの第4部がTVアニメ化されて、最も盛り上がった年となった。そのアニメ化が発表されたのは2016年4月だが、2017年初にはそれを盛り上げ、後押しする形で、ゲームおよびアニメのキャスト13名によるリアルイベント「BATTLE GIRL FES. 大神樹祭」が行われた。

 

その後2017年7~9月に掛けてアニメ放送がされ、そのあとそれを締めくくる形で行われたリアルイベントが「BATTLE GIRL FES. 大神樹祭 2018」。今度は14人のキャストによって行われたこのイベントは、2018年1月7日、さいたま市文化センターでの開催だった。ちなみに13人⇒14人への変更は、アニメおよびゲーム第4部であやちゃんとならんで主人公格だった新キャラ=ミサキを演じた高橋李依の追加だけではなく、2名のキャストが入れ替わってもいる。

 

内容としては、キャストがそれぞれ五七五の三つの句を相談なしに考え、つなげて発表する川柳コーナー、チーム戦のクイズコーナーやスプーンリレー風の競争、朗読劇にライヴパートまであってもりだくさん!だった...

 

..........だった?

ま、この時も行ったんですがねw(会場にあったキャスト全員のサイン入り立て看)
ま、この時も行ったんですがねw(会場にあったキャスト全員のサイン入り立て看)

 

2017年は行けていないので、初参加だったが、結構面白かった....とは言っても、バトルガール ハイスクールとは半分ほどは関係なかったが=いわゆる声優バラエティ。

 

ただ後半の朗読劇とライヴは、ガッツリとバトガの世界観を表していて良かったなぁ...

 

そんなイベントのパンフ。前年度はイベントの資料系アイテムは「クリアファイルに入ったリーフレット」だったらしいので、A4版32ページで製本された今回のは大幅にグレードアップ。

前年のに比べると大幅にグレードアップしているらしい
前年のに比べると大幅にグレードアップしているらしい

 

内容は、まずキャストインタビュー(一部は単なる質問回答)。主人公扱いのあやちゃんと、第2部で加わってから事務所コンテンツとして激推しのf*fの二人(本渡楓下地紫野)が見開き×2の4ページ、他の出演キャスト11人が1ページずつ、出演がない残りの星守5人の担当声優が各半ページ。見開きの会場物販グッズ紹介を挟んで、f*fの多くの曲

やアニメの主題歌「ホシノキズナ」

の作詞に関わった作詞家ミズノゲンキのインタビューが3P(口絵1P含む)という感じで、ほぼインタビュー集。

 

最初の3人(あやちゃん+f*fの二人)は、インタビュー内容がそれぞれ少し違っていて声優写真もイラストやカード絵柄も多くちりばめられているが、他の星守声優11名は公認アー写1つにキャラの立ち絵、コメント質問内容は定型と格差が大きい。

さすが主人公!あやちゃんは最初
さすが主人公!あやちゃんは一番最初

 

そして激推しのf*fの二人(まずえーでちゃん)
そして激推しのf*fの二人(まずえーでちゃん

 

つづいてしのしー。ここまではインタビューはかなり「読みで」がある
つづいてしのしー。ここまではインタビューはかなり「読みで」がある

 

一方他の星守担当声優は、なおぼうやあやねると言った有名どころでも1ページ
一方他の星守担当声優は、なおぼうあやねると言った有名どころでも1ページのみ

 

ま、自分としてはそれでも良かったけど...ミズノゲンキのインタビューも興味深かったし。

 

アニメ系イベント資料で時々見られる「書き下ろしの絵」を期待した向きには期待外れだったかも知れないけれど(一応各キャラの紹介の立ち絵各1ポーズは新規絵??)。

作詞家ミズノゲンキのインタビューは興味深かった
作詞家ミズノゲンキのインタビューは興味深かった

 

ただ残念なのが、イベントなどの盛り上がりはココまでで、2018年中盤からコンテンツが粛々と終焉に向かっていったこと。ま、最後が風呂敷広げただけの「打ち切り」という感じではなく、張られた伏線なども回収してストーリーは最後まで走りきったらしいので、予定されたことだったのかも知れないけれど。

 

でも同じ運営元で、白猫プロジェクトのような長寿ゲームもあるので、もう少し運営して欲しかったかな...と。

 

それ故に貴重な「最後のイベント」の記録ともいえるわけです。

この日のイベントは映像化されていないので、これがよすが?
この日のイベントは映像化されていないので、これが思い出すよすが?

 

【仕様】

サイズ:A4

ページ数:32

フルカラー

更新: 2019/12/01
洲崎綾推し的オススメ度

さすが主人公、4Pに渡るインタビューあり

見開き4Pのページ割り当ては、他にこのゲーム&アニメでの最推しキャラであるf*fの二人しかない。

  • 購入金額

    2,000円

  • 購入日

    2018年01月07日

  • 購入場所

    BATTLE GIRL FES.大神樹祭 2018 会場(さいたま市文化センター)物販

13人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから