レビューメディア「ジグソー」

猫だけでなくいろいろな被写体に応用が効きそうなネタが満載!

太陽光が入る部屋なら、レフ板の代わりにケント紙(画用紙)なんかでも十分効果あります。
自分のおなかにケント紙の短辺をテープで留めてもう一辺を猫のいるソファーに載せたりするだけで、下からの光が入るようになって明るくなります。
これはプロのカメラマンに教わった技ですw

やっぱり動物は毛や鼻の質感がキモだとおもうので、色補正での質感の向上は目からうろこでした。
真っ白な猫や真っ黒な猫の撮影が難しいので、ぜひ上級編で取り上げてもらいたいです^^

12人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • 退会したユーザーさん

    2011/10/19

    >自分のおなかにケント紙の短辺をテープで留めてもう一辺を猫のいるソファーに載せたりする
    。。。
    なるほど!別にレフ板持ちを雇う必要はナイ!というか、その方が自然に光を被写体に与えられるんですね。

    やっぱり、どれだけ光をうまく使うか、というトコロがポイントですなぁ。
  • yosh-massterさん

    2011/10/19

    >zigzsowzさん
    コンデジでレフ板持ち歩くのも不自然な感じですよね^^

    ケント紙程度がリーズナブルで効果抜群です。
    とりあえず明るくなりすぎたら距離を離してみたり、感度を下げてみるといいかもしれませんね~

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ほかのユーザーのレビュー