レビューメディア「ジグソー」

世代の違いが性能の違い

4台のパソコン、それぞれにSSDを載せています。
それぞれでベンチマークを取ってみました。

その結果、SSD320は「ランダムアクセスで他よりも早い」というのがわかりました。
シーケンシャルアクセスでは大差ないとしても、実用に関わるランダムアクセスで高い性能が発揮されることがわかりました。

今回、ベンチマークしたのはCPUのときと同じ4台です。
 ・自作PC JMicronJMF612を使った128GB SSD
 ・ローボルテージ IntelSSD320の120GBモデル
 ・Thinkpad IntelSSD320の300GBモデル(ただし、3ヶ月ほど常用してて使い込まれてる)
 ・MacBookAir 謎のSSD 128GB

物理的なサイズは、MacBookAirを除いて全て 9.5mmの2.5インチHDDを置き換えできるサイズです。


ベンチマークを取った結果が以下になります。
SSDベンチ:自作PC
SSDベンチ:自作PC

SSDベンチ:ローボル
SSDベンチ:ローボル

SSDベンチ:Thinkpad
SSDベンチ:Thinkpad

SSDベンチ:MacBookAir
SSDベンチ:MacBookAir



大きく違うのは、一番下の数値です。
IntelSSDを使った2台(ローボルとThinkpad)だけが、数値が高く出ています。
これってつまり、それだけ速い、ということじゃないかと思います。

また、IntelのSSD320は、第3世代のモデルだったと思います。
X25-Mというモデルで二種類出てて、少しずつ改良されてましたが、今回のでさらに改良されてたのだと思います。

実用上で、劇的に変わるというものではないかもしれませんが、世代が新しいモデルを選んだほうが高性能であることは期待できるんじゃないでしょうか。

23人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ほかのユーザーのレビュー

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから