レビューメディア「ジグソー」

友情を感じるんじゃないかと思うほど良いやつ。

 

今回はWestone Universal B30をレビューさせていただきます。

イヤホンです。

 

値段が今通販サイトで見たら47800円。

ちょっと上を見てる感じですね。

これ以上となるとカスタムとかも考える人もいそう。

気合入った良いイヤホンをどれにしようって考えて最初の一つの候補にする人もいるでしょうね。

この辺りの価格のイヤホンを考えている方の参考になれば幸いです。

 

更新: 2019/09/01
Universal B30 徹底レビュー PREMIUM REVIEW

まよったらこれで。

下にレビューを書いていますが、結論としてまあお見事。

すばらしいイヤホンです。

 

細かく気になるところもありますが、個人の好みだったり個体差だったりもするでしょう。

基本的にはバランスの良い、よくできたイヤホンです。

高音もしっかり伸びています。キンキンいうほどではない、ちょうどいい感じで。売りの低音もだらしない感じではなくしっかりと音楽を支える感じ。

 

個性的なのがいいということなら別の選択肢もあると思いますが、平均的に高得点。

いろいろ鳴らしてみて特に苦手ジャンルもなく、逆にこんな音入っていたのかとかこんなことやってたのかとかいろいろ発見がありました。

かなり聴き込んだ曲でも。

 

空間表現も豊かに響いてくれるし、なんといっても聞いていて楽しい。

鳴らしにくいわけでもない。

 

DAPで鳴らしても十分答えてくれるし、業務用DACに繋いでもきちんと受け止める。

Bluetoothがこんなに便利だとは思わなかったし、おまけにプレートの着せ替えもできる。

 

まよったらこれで、とか書いてますが実際この価格帯だったら普通迷いますよね。

安いものではないですから。

 

だから聞き比べのできる環境の方はぜひ候補の一つに。

ちょっと難しい方はこれできめちゃってもいいかも。

 

私だったらぜひ候補に入れて欲しいなあと思います。

それくらい気に入ってます。

更新: 2019/08/23

スペックなど

高域、中域、低域にそれぞれ一機のバランスドアーマチュアドライバを採用。

なんで三つも必要かというと構造上一つじゃ一番高い音から一番低い音まで十分な質で再生できないかららしいです。

 

それで世の中にはドライバの数がものすごく多いモデルもありますね。

そういうのはもちろんお値段も高くなりますが。

ダイナミック型だと一発で上から下まで鳴らすのが多いんじゃないでしょうか。

両方組み合わせたハイブリッド型というのもありますね。

なんかネットワークがめんどくさいことになりそうですが。

 

イヤホンはMMCXケーブルで接続しています。

たぶんこのタイプが一番普及してるんじゃないでしょうか。

いわゆるリケーブルを楽しみやすい、選びやすいタイプです。

そして純正ケーブルは「めっき銅合金の純シルバーの4本の線を編み上げており」とあります。

めっきした銀線なんですかね。

こういうとこも嬉しいです。銀線好きなんで。

 

スペックみると周波数の上が意外と伸びてないんですね。

だせば出るような気もするんですが、無理してカタログ偉そうにするよりはという判断だと思いました。

私だったらカタログスペックすこし偉そうにしたいですけどね。

20Hz-20kHzとかが普通な気がするので。

そこをあえてそうしなかったのは信頼のおける態度です。

 

・入力感度 : 107dB SPL @ 1mW
・周波数 : 15 Hz - 18 kHz
・インピーダンス : 30 ohms @ 1 kHz
・パッシブノイズ減衰 : 25dB
・ドライバ : 3バランスドアーマチュアドライバ 3wayパッシブクロスオーバー
・ケーブル : High-Denitionシルバー、Bluetooth
・ケーブルの長さ : 132㎝/70㎝
・IN THE BOX : B30 ユニバーサルフィットイヤホン、High-Denitionシルバーケーブル、Westone Bluetoothケーブル、各種STAR Siliconeチップ、各種True-Fit Foamチップ、付け替え用フェイスプレート、デラックスジップケース

更新: 2019/08/24

聞き比べ

というわけで聞き比べをしてみます。

まずは私がいつも使っているAK240とIE80の組み合わせです。

さらに比較対象としてヘッドフォンをひとつ用意しました。

 

 今回はIE80はダイナミック型のイヤホンなのでそこの違いを中心に見ていきたいと思います。

 

・DAP

まずAK240をアンバランスにもどしてさくっとさして音を出してみます。

これはちょっと古いですけどなかなか力の入ったDAPです。

 

おお、これは・・・うん、かなりいい。

  

適当にかけた曲がBlackSabbathの「Into The Void」だったんですが、ベースのぶりぶりした感じがこれだよこれ!という感じです。

古いロックの感じが出てますね。

IE80だとさっぱりしてしまうところです。

とくに驚いたのは空間表現です。

いい感じで広がりがある。

イヤホンでもここまでできるんだなあ。

 

次に坂本真綾の「紅茶」を聞いてみました。

これは・・・うーん、判断が難しい。

うちこみの曲なんですが全体的な空気感はWestone Universal B30のほうが好感触。

しかし鋭い音やこまやかな声はIE80が得意かも。

解像度ではIE80が勝るかもしれないですね。

でもさすが声優さんだから曲によって声の表情が違うんですよ。

明るい曲だったらまた違う評価になります。

 

SE-MHR5はやはり空気の広がりはこのなかで一番得意です。

「Into The Void」だとかなり感触が違います。

でもベースの太い感じはWestone Universal B30かも。

逆に「紅茶」だとするどい音の再生はIE80がとても得意なので一歩譲りますね。

 

Westone Universal B30はIE80とSE-MHR5のいいとこどりかもしれない。

あ、IE80とSE-MHR5はAK240に繋ぐときは基本的にバランス接続の状態で使っています。

アンバランスも試しましたが全体的にバランスのほうが音が良いと判断したため。

 

 

 ・AudioInterface 

次にPrismSoundのOrpheusに繋いでみます。

これもちょっと古いんですがほぼ同スペックの後継機がProToolsにつなげたり、あまり大きくないスタジオとかミュージシャンが自宅作業するのに使うようなオーディオインターフェースです。

モニターするのにヘッドフォン端子も二つあったり、12IN/OUTだったりするようななかなか強めのやつです。

実はRCA端子がついてなかったり。

 

で、繋いでみたんですがやっぱりすごかった。

AK240も相当いいDAPなんですがOrpheusだと駆動力が違う。

逆にいうとアクセル踏んでやればいくらでも加速しそうなイヤホンですね、これ。

 

 で、「Into The Void」なんですがかなり濃いです。

いろいろやばい頃のサバスの匂いがぷんぷんします。

煙たいライブハウスでやってる感じがしますね。

そんなに詳しいわけじゃないですが、イヤホンでここまで受け止めてくれるモデルは他に知りません。

こんな音イヤホンでだせるんだなあ。

 

「紅茶」もこっちだと透明度も解像度もぐんとあがり、低音もビシビシ制動が効いてめちゃくちゃ気持ちいいですね。

坂本真綾さんの繊細な声もかなり再現できているように思います。

 

IE80だとやはり古いロックの煙たさが足りない印象。

「紅茶」は分析的になってしまうかも。悪いところを探せば、の話ですけど。

でも打ち込みの硬さは活きてきますね。

 

SE-MHR5もなかなか好感触です。

やはり高い駆動力でぶん回してなんでも鳴らす感覚です。

AK240で高い、細かい音が苦手だったのもこっちだとはっきり聞こえますね。 

でもブリブリした低音の感じは及ばない。

あとは空間の広がり、これは有利。

まあヘッドフォンですからね。

その時点でちょっとずるい笑

あ、これはアンバランスで繋いでます。

やはり馬力いれて受け止められるのはヘッドフォンのほうが有利かなという感想。

 

でもWestone Universal B30、負けてないです。

 

・スマートフォン 

んでiPhone8Plusにもつないでみます。

これは専用のプレイヤとかには興味がない方とかはスマホで聴くかなあ、ということでエントリーしています。

 

で、聞いてみたんですがなかなかいけます。

iPhoneこんなにいい音だったんですね。

あ、これはLightning-3.5mm変換ケーブル(iPhoneについてくる)を使ってます。

 

いままではiPhoneで聴くときは

とかは使ってましたが、まあそこそこかなと。

IE80はバランスにしてあるのでつなぎ変えるのも面倒ですしね。

しかしWestone Universal B30をつないでみると印象が変わります。

 

私はAppleMusicを契約してるんですが、それを聴くのもかなり楽しいです。

比べたらiPhone本体に保存してる音源の方がいいんですがストリーミングのよさをさらにいい音で楽しめるというのはかなりたまらないです。

Youtubeとかもいけますしね。

 

で、「Into The Void」「紅茶」どちらも上二つには及びませんが、十分楽しめます。

解像度とか空気感とか、そういうのを突き詰めるのはちょっと難しい。

というかDAP買うよりイヤホンに先に投資した方がいいかもしれないと思ってしまいました。

iPhoneでも十分いいじゃないかと。

 

 

 SE-MHR5は今回はいまいち。

やはり駆動力がある程度欲しい。

ちょっと寝ぼけた音の印象です。

 

 

・Mac 

iMacは良くも悪くも普通。

 

 

AK240にくらべてバッテリ駆動じゃない強さがあります。

あと専用の高音質音楽再生ソフト。

 

Orpheusにくらべるとやはり専用の機器ではないので見劣りします。

ただケーブルが意外と長いので作業しながら音楽聴けるのが嬉しいですね。

iPhone8Plusとは似た感じ。やはりiMacが上かな。

 

ボリュームのいじり方とか非常に便利なので繋いで使うのはありです。

ただ、イヤホン端子が裏にあるのでちょっとめんどくさい。 

 

で、Macだといつもはこれ

で聞いてるんです。

これも非常に良くできたスピーカで、お気に入りなんですがやはり夜とかはうるさい。

そこでWestone Universal B30と取り替えて聞いてみたんですが、かなりいけます。

 

ケーブルがもうすこし長ければさらにいい。

延長ケーブルとかもありますからそれ使ってもいいですね。

そして下でやってますがBluetoothでも繋ぐことができるので夜はこっちかな。

 

あと下にも書きましたがMacで使うならBluetoothがおすすめ。

すごく所作が楽になります。

 

 

 

・まとめ

で、ここまでいろいろ聞いてきました。

ダイナミック型との比較のまとめですが、今回のモデルについていえばこっちのほうがかなり有利なんじゃないかと。

 

私は初期のバランスドアーマチュア型を使ってたことがあるんですが、それは確かに音は良かったんですが迫力にかけるというか、どっしりした感じが出しにくい印象でした。

 

しかしWestone Universal B30は公式でも言っているように確かにしっかりとした低音が出ます。

そして音の分離がとてもいいです。

3ドライバということでネットワークも入っていますが音のつながりに違和感は感じません。

ということで世に言われるバランスドアーマチュア型の弱点というのは感じませんでした。

 

メインで比較したIE80、これはいただいたものですが多分4万円くらいのもので価格的には大体同じクラス。

評判も高いものです。

最近後継機が出ましたけどね。

 

こちらもやはりいいです。 

とくに高音域のシャキシャキした感じやユニットが一枚だけというところの有利。

やはり気に入ってます。

 

でもスピーカとかライブに近い感じなのはWestone Universal B30だと感じました。

これがバランスドアーマチュア型の強みなんでしょうか。

最近多いですもんね。

 

とりあえずしばらくはWestone Universal B30を使うことに決めました。

新しいものに興味があるというのもあるんですが、かなり音がいいのが決め手です。

 

 

 

更新: 2019/08/24

Bluetooth接続ではどうか。

Westone Universal B30にはBluetooth接続用のケーブルがついてきます。

Bluetoothなのにケーブルってなにさとか思ったんですが、AppleのAirPodsみたいに左右独立じゃなくて、両方を繋いでそこにバッテリとかボリューム調節なんかも持たせる感じですね。

 

こんな感じのケーブルです。

充電はこんな感じ。

USBで。

 

 

まずはさくっと充電してiMacでつないでみたんですよ。

 

実のところ、これ楽しみでした。

深夜とかに大きな音も出せないときに無線で動画が観れると助かります。

 

 

めっちゃ快適です。

こういう動画もかなり情感たっぷりに聴かせてくれました。

 

iMacにイヤホンやヘッドフォンで繋いでいると多少ケーブルが長くてもやっぱり限界はあります。

でもBluetoothだと10mいけるそうです。

 

ちょっと試してみました。

iMacから飛ばして別の部屋とかなら全然平気です。

奥まったお手洗いだとちょっと接続が不安定になりましたが。

デスクの前からちょっと離れるとかいうときに線が邪魔にならないのは最高ですね。

 

不安定といえばAK240でもちょっとなりますね。

iMacの前でつかっていると干渉するのかなんなのかとかおもったんですが、干渉するような電波飛んでなさそうなところでも不安定になりました。

これはなんでだろう?

 

 

音も十分満足いくものです。

やはりOrpheusでケーブルつないでごりごり鳴らす感じではないですが、持っているいいところを活かしてますね。

音としてはやはり有線が有利。

しかし便利さを考えるとBluetooth、ありです。

というか私はこっちで使う機会がふえそうな感触。

8時間もつと言いますし、どうせモバイルバッテリーもいつも持ち歩いてるんだからというのもあります。

 

 iPhoneでも聞いてみました。

こちらもiMacと似た感じでペアリングができて非常に便利ですね。

 

AK240なんですが、なぜかペアリングできていませんでした。

1日おいたら「Westone BT」という名前が出てつなぐことができたんですけどね。

これはプレイヤー側の問題かもしれません。

私もBluetoothは詳しくないのでうまく言えませんが。

 

 

実はWestone Universal B30はaptXというBluetoothのコーデックが使えるというのが売りの一つなんですね。高品質の音声伝送が行えるという非常に魅力的なやつ。

 

で、iMacもiPhoneもAK240もaptXは使えません。

残念。

でも十分音はいいです。

使える環境のかたはもっといい音なのかと思うと羨ましい。

 

あとペアリングなどの操作をするのがすこしわかりづらい。

ランプの点灯状態や色なので判断するんですがなかなかその状態に持っていけませんでした。

 

充電ですがUSB2.0AからMicro Bですね。Androidとかの充電に使うタイプ。

あれをケーブルに挿してつかいます。

もちろん充電用のケーブルは付属してきます。 

 

充電は8時間もつということですが、どれくらいの音量で使ってそれくらいなのかとかは記載がなかったですね。

これもちょっと試してみます。 

更新: 2019/08/25

個人的いいところ悪いところ

いいところ

 

すごく耳にフィットします。

とても収まりがいいんですよ。

ちょうど私の耳とあってるのかもしれませんがまさにぴったり。

 

イヤーピースもたくさん付属してきてこれなら多くの方がいい感じでフィットするでしょう。

これくらい。

 

種類もたくさんです。

これだけ付属します。

太いの細いの長いのみじかいの。

 

さらにこんなのもあります。

ぎっしり詰まったものと内側は空間が開いているもの。

これ交換するだけでしばらく遊べます。

 

 

大きさも思ったより大きくなかったです。

なんとなくすごく大きいんじゃないかというイメージがあったんですが、全然そんなこともなく。

 

左がIE80、右がWestone Universal B30です。

 

 

そしてケーブルが耳にかけるところが曲がっているんですね。

これはいわゆるSHURE掛けというやつをして使うタイプのイヤホンなのですが、そのときにケーブルが耳に引っ掛けやすくなっている。

こういうところに気を使ってくれるのすごく嬉しいです。

 

IE80のときはケーブルをガイドするパーツがついてきたんですが、無くしてしまいました。

ただ、リケーブルすることも考えている方ならパーツであったほうがいいかもしれませんね。

 

そしてBluetooth接続をケーブルをつかって実現した。

これはとてもいいと思います。

イヤホン部分に全部持たせるとどうしても無理が出るんじゃないかと。

あと、なくしたりする心配が減る。

充電もUSBでできるから簡単。

しかも8時間もつ。

 

 

気になるところ

 

Bluetoothのケーブルのボリュームコントロール部分のいちがいまいち。

というかケーブルがなんとなく収まりが悪い気がするんです。

前に回すのか後ろに回すのか。

後ろだとコントロールしにくいし、前だとなんとなく収まりが悪い。

 

あとこれは個体差なんでしょうけど片方のMMCXのコネクタが抜けにくかったりします。

ついでにいうとケーブル側になにか指を引っ掛けるところがあればもっとよかったですね。

そしてBluetoothのケーブルを外そうとするとゴムの皮膜が剥がれそうになります。

皮膜がヤワなんじゃなくてMMCXのコネクタが硬いんですね。

で、逆側はちょっと抜けやすい。

なにもしないで外れるほどではないですがちょっと心配になりますね。

でも上に書いたようにすごくフィットするので落とす可能性は下がると思います。

 

あとバッテリの充電状態がすぐみてわかるといいですね。

充電中とか充電完了のLEDパターンはあるみたいですが。

 

とまあ使ってみて感じた点でした。

更新: 2019/08/23
総評

友達になれるんじゃないかしら。

ここまでみてきて、満足度がとても高いなと。

ケーブルが最初から耳に合わせて曲がっているとか細かいところに気を使ってくれたりしてます。

パッケージも中を開けた時のわくわく感も、マニュアルも英語だけですがその分多言語のものより詳しく書いているし。

 

そしてやはり音がいい。

聞いていて気持ちの良い音がします。

音も分離が良くて見通しもいい。それでいてモニター系の冷静な音でもなく。

Westoneの製品は初めて聞きましたが、こんなにすごいんだなあと。

BA型の進歩にもびっくりです。

 

こいつはほんとにもういっそ友情を感じちゃうんじゃないかというくらいに気持ちの良いやつです笑

 

 

更新: 2019/09/01
使ってみて

あっさり主砲になっちゃいましたね。

まずMMCXのゆるさ硬さもコツをつかんだら大丈夫かもしれない。

これ大切。

もしゆるいとか感じたら落としたりしないところでしばらく試すことをおすすめします。

私はコツを掴みました。

 

それと能率は低めかもしれません。

多くの数の比較をしたわけではないのですが、けっこう音量いれてやると気持ちよく鳴ります。

そして意外なメリットが。

AK240を胸ポケットにいれるとボリュームにふれて音量が急に上がることがあるんです。

当然爆音が耳を襲っていたわけですが、これを使うとそれがない。

私だけのメリットかも知れませんが笑

 

IE80もコンプライとかなにか用意してやるかもしれませんが、しばらくはこれメインで行きます。

かなり気に入りました。

もしかしたらバランスケーブル買っちゃうかも。

更新: 2019/09/11

追記というか。

これ、BTケーブルのボタンをおしたらSiri呼び出せるんですよね。

地味に便利。

「リマインダーひらいて」

とかでやること確認できるのはなかなかいい。

 

でもBTケーブルはもうちょっと長くてもいいかもしれない、というか長くしてw

 

リモコンももう少し機能があると嬉しい。

iPhone対応、Android対応、アプリも限定くらいでいいから。

 

 

 

 

 

28人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (4)

  • みっちゃんさん

    08/24

    レビューお疲れさまです!
    北のラブリエさんのレビューは、さすが検証が多くて興味をそそりますね!
    イヤホン選びも楽しくなりそうです。
    MMCXのコネクタですが、イヤホンによっては外れやすくて困ります。
    交換して聴くのが怖くて、外れにくい組み合わせで専用として使ってます(笑)
  • 北のラブリエさん

    08/25

    みっちゃんさんコメントありがとうございます!

    うん、これほんといいですよ。
    かなり気に入ってます。

    ただコネクタですねぇ・・・
    左はきついし右はとれるし!
    逆につければいいのかな!w

    いっそバランスにリケーブルしてしまおうかとかちょっと思ってます。
    IE80のバランスケーブルはDAPに挿す方がちょっとゆるくて困るとか、いろいろありますね。
  • squareさん

    6日前

    大変ご無沙汰しております。
    拝読させていただきました。
    Westoneもいい人にレビューしてもらえて良かったですね。
    テックウインドさんのケーブルの説明がめちゃくちゃなのが残念。
他1件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから