レビューメディア「ジグソー」

Ultrabookの力で、チームの勝利を手に入れよう!KIRAよ、makihibikiに力を与えたまえ!!




今回は、念願のUrtrabookのレビューをさせていただきます。
(最終のレビュー締切の前に、ファーストインプレッションを掲載する決まりでしたので、ファーストインプレッションを冒頭に記載させていただきました。)


これがUltrabookかぁ・・・
これがUltrabookかぁ・・・

心臓部にはcore i5が入り、支える。スピーカーはharman/kardon®ステレオスピーカー
心臓部にはcore i5が入り、支える。スピーカーはharman/kardon®ステレオスピーカー

キーボードもタッチしやすそう
キーボードもタッチしやすそう
ディスプレイの左下に企業名を添えて
ディスプレイの左下に企業名を添えて
dynabookのブランドロゴは、カバーにあります
dynabookのブランドロゴは、カバーにあります

これが日の出・・・WQHD(2,560×1,440ドット)の高精細液晶との出会い
これが日の出・・・WQHD(2,560×1,440ドット)の高精細液晶との出会い

外観のアルミの筐体、カーブ等のデザインも素敵なのですが、なによりもそのディスプレイの綺麗さに驚いた。
このスクリーンショットは、デフォルトで設定されているデスクトップの壁紙なのですが、とてもきれいで、この壁紙で満足している自分がいる。
宇宙ステーションから見る日の出の画像だと思われるが、この画面を見ている自分自身が、Ultrabookとの出会い、WQHDの高精細液晶との出会いを表現されている気がする。
画面表示していても、左下部分にはちょっとした映り込みが見えるのではないだろうか
画面表示していても、左下部分にはちょっとした映り込みが見えるのではないだろうか
モニタが消えていると、ごらんのとおり(乱雑なキッチンがががgっがががが・・・恥を忍んで晒します)
モニタが消えていると、ごらんのとおり(乱雑なキッチンがががgっがががが・・・恥を忍んで晒します)

このディスプレイを室内で使用していると非常に見やすいのだが、これを屋外に持ち出したとき、いったい自分自身がどのような感想を持つのか、とても楽しみである。





平成25年5月5日 関東地方のとある球場でその検証を行いました。
makihibikiは自作PC歴は2年のド素人ですが、草野球歴は10数年でございます。
さぁ、経験に最先端アイテムを加えるとどうなるのでしょうか!
(恥ずかしい打撃もありますが、どうぞ!)

相棒でございます。


さぁ、快晴だ!最高の野球日和!!
さぁ、快晴だ!最高の野球日和!!



                         第1打席の動画

第1打席ファール
第1打席ファール
第1打席サードゴロ
第1打席サードゴロ


次の打席までにバッティングフォームをチェック。ひどい第1打席の失敗を取り戻せるか??
次の打席までにバッティングフォームをチェック。ひどい第1打席の失敗を取り戻せるか??

屋外の明るさで、結構映り込みが激しくなる。とはいえ、輝度もあるのでこの写真画像ほどは気にならない。チームメイトも覗きにきていました。
屋外の明るさで、結構映り込みが激しくなる。とはいえ、輝度もあるのでこの写真画像ほどは気にならない。チームメイトも覗きにきていました。

球速の遅い投手に対して、とにかく突っ込んで打っていることは明白。
自分の中でもわかってはいたけれど、これほど突っ込んでいるとは思わなかった。
次の打席では、とにかくからだを後ろ(右足)に残して打つことを意識することにした。



                         第2打席の動画

第2打席レフト前ヒット
第2打席レフト前ヒット

このとき、2塁走者が3塁に走り、ヒットエンドランをかける形になった。
なので、本来であれば後ろ(右足)に体重を残してしっかりと打ちたかったところだが、ゴロを打つことを絶対条件とするために体の前(投手側)でボールを叩きに行った。
第1打席の反省(体の後ろで打つ)は実践できなかったが、ボールをしっかりと強くたたくことができた。
この第2打席の動画を見て、ボールをしっかりと強くたたき、フライをあげないスイングはできているものの、予想以上に体の前(投手より)で打っていることが分かったので、さらに後ろで打つ意識を強くもつようにして、第3打席に向かった。



                         第3打席の動画

第3打席センターフライ
第3打席センターフライ

キャッチャーからは「上がっただけ(単なるフライ)」と指示が出ているが、実はセンター後方への大きなセンターフライだった。
センターに好捕された形で、バッティングとしては自分の中でまずまずだと思ってベンチに帰ってきた。
動画を見ると、ボールを擦って上に打球が上がっているので、自分が思っていたよりも内容はよくないものだった。
もう一段ボールを呼び込み、ワンテンポ後ろでボールをしっかりと打とうと思って第4打席に向かった。



                         第4打席の動画

第4打席左中間ツーベース
第4打席左中間ツーベース

点差もあったので、ホームランを打ちたい気持ちで打席に向かった。
しかし、第3打席の内容は、自分が思っているよりもよくなかったので、しっかりと強くボールを叩き、ワンテンポ後ろでボールをとらえることに意識をもっていく打席とした。
結果としてしっかりと強いライナーの打球を左中間に放つことができた。

投手のボールが遅くても、しっかりと自分のスイングができたことが収穫であり、その意識が動画に残ったことは、今シーズンのmakihibikiに大きな意味を成す打席となった。

これまでのmakihibikiであれば、第4打席にHRを狙っていたと思う。そして、結果は、HRが出るにしろ、凡退するにしろ、自分の感覚と実際のスイングにかい離が出て、大きな大会で当たる好投手から放つヒットが減ることになったと思われる。
しかし、今回ベンチにKIRAとデジカメを持ち込むことで、その場ですぐに打席内容を確認できたことは、非常に有意義だった。
デジカメにも動画の再生機能はあるが、液晶画面は小さい。KIRAであれば、その場で高画質大画面で映像をチェックし、さらにコマ送りなどでしっかりとチェックすることができた。
非常に贅沢な利用方法ではあるが、有意義な利用方法の一つだと感じた。


試合終了~
無事に4回コールドで勝利!打線好調なのは、KIRAの力だ!!
無事に4回コールドで勝利!打線好調なのは、KIRAの力だ!!




初期状態での空き容量・・・色々アプリを入れたいけれど、、、
初期状態での空き容量・・・色々アプリを入れたいけれど、、、
dynabook KIRA V832には、店頭モデルとTOSHIBA Directというネット通販モデルの2パターンがある。本機は店頭モデルで搭載SSDは128GBとなっている。スクリーンショットアプリ、CDM以外に何も入れていない状態でSSDの空き容量は残り55GB。かなり厳しいように感じる。
CDM ランダム
CDM ランダム
CDM 0Fill
CDM 0Fill
CDMの結果を見てみると、やはりSSDの空き容量が影響をしているように感じる。このCDMも、前述の2つのアプリしか入れていない状況でこの数字である。ここからKIRA V832を自分仕様にカスタマイズしていくとき、このスピードがどうなるのか、、、少し不安である。
Ultrabooker.jp ベンチマーク
Ultrabooker.jp ベンチマーク
Ultrabooker.jpの集計結果からすると、もうちょっと数値は伸びてもいいのかなと思うところではあるが、、、
Windowsエクスペリエンスインデックス
Windowsエクスペリエンスインデックス






タイルスタイルのこの画面からOfficeを選択
タイルスタイルのこの画面からOfficeを選択
プレインストールされているので、ライセンス認証だけでOKです
プレインストールされているので、ライセンス認証だけでOKです
同梱されているプロダクトキーを入力
同梱されているプロダクトキーを入力
入力すると認証を始めます
入力すると認証を始めます
認証完了してガイド画面が始まります
認証完了してガイド画面が始まります
Microsoftに協力するかどうか、選んでください
Microsoftに協力するかどうか、選んでください
ガイドは動画です。あ、、、ボケボケだ。。。
ガイドは動画です。あ、、、ボケボケだ。。。
サインインしましょー
サインインしましょー
メールアドレスを登録しましょう
メールアドレスを登録しましょう
Microsoftアカウントがあれば、スムーズに進められます
Microsoftアカウントがあれば、スムーズに進められます
Sky Driveの説明が必要な人はどうぞ~
Sky Driveの説明が必要な人はどうぞ~
Officeの見た目を変えることもできます。makihibikiはそのままにしましたけども
Officeの見た目を変えることもできます。makihibikiはそのままにしましたけども
新機能の説明をうけることもできます
新機能の説明をうけることもできます
準備完了。これで思う存分Officeを使えます
準備完了。これで思う存分Officeを使えます
入っているものは、どんどん使いましょう!!
入っているものは、どんどん使いましょう!!




今回のレビュー応募時に、makihibikiはちょっとネタを書かせてもらった。
まさか、、、レビューアーに選定してもらえると思っていなかったので、かなり軽い気持ちで書きました。
その内容は、前述のとおりなのですが、このネタを実践するには、どうしても5月5日に晴れてもらわないといけなかったのです。
だーかーら・・・・・・
まずは玉を作ります
まずは玉を作ります
それをキュッと包みます
それをキュッと包みます
首をテープで止めます(絞めちゃダメ・・・)
首をテープで止めます(絞めちゃダメ・・・)
顔を描きましょう
顔を描きましょう
こんな感じで笑顔(?!)にしましょ
こんな感じで笑顔(?!)にしましょ
あとは紐をつけて、吊るすだけ!(なんだかてるてる坊主って、残酷な作業な希ガス・・・)
あとは紐をつけて、吊るすだけ!(なんだかてるてる坊主って、残酷な作業な希ガス・・・)

制作協力:長女&次女

これのおかげで、5月5日は晴れました!!
無事に、ネタを収集できました!!

そーしーて、makihibikiは打撃を向上させ、KIRAの力でチームの勝利を手にすることはできました!!
これからも、野球の試合にKIRA V832を連れて行って、ガンガン打って、国体に行きたいな!!
(醜態さらしているけど、、、ヒーローにもなれたから、結果オーライかな。。。)




気になった点は、やはり128GBの容量でしょう。ここにOSやらアプリやらが入っていて、初期状態で55GBしか空きがないのは、精神衛生上よろしくないです。別のメインマシンがあって、KIRA V832をサブマシンとして持ち出し、戻ってデータ移行をする人には問題ないかもしれませんが、これをメインマシンとする人がいたとすると、かなり心細い思いをすることでしょう。ただ、KIRA V832をメインにする人は、SSDの残量が減っていく緊迫感をあまり意識しないので、徐々にスピードが遅くなっていくことの原因がSSDの容量だとは気が付かないかもしれませんが、、、となると、本機の性能が下がっているという誤解をいだいて、ひいてはTOSHIBAへの悪い印象が出てしまったりしたら、、、考えすぎでしょうかね。
オンライン直販モデルは256GBということですが、ぜひ店頭販売モデルも256GBにしていただきたいところです。せっかくの高性能なので、単なるモバイルノートとするだけになるのは、もったいないと思います。

続いて映り込みについて。makihibikiのグランドでの画像でも、自宅の画像でもかなり映り込みが発生しています。ただ、実際は画像ほどは気になりません。
視野角も広く、屋外であっても大人数できれいなディスプレイを見ることが可能でした。

そして、本機にはSDカードスロットがついていますが、どうしてmicroSDカードは対応できないのか。。。もちろん、重量、薄さを維持するために、機能をそげ落としていることはわかるのですが、最近のスマホはmicroSDを外部記録として使っています。スマホのデータを外出先で移行するときに、microSDがスロット対応していれば、、、と思うこともありました。あまりニーズないのかな、、、

最後に、本機には、キャリングバッグがついていませんでした。
「キャリングバッグは好きなものを選んで、好きに使って!」というコンセプトなのかもしれませんが、せっかくのdynabookブランド、KIRAブランドなので、それに見合ったキャリングバッグをつけてほしかったところです。
ここまでおしゃれなPCであれば、それに見合うキャリングケースもぜひTOSHIBAには検討していただき、次機からはぜひつけてください!!

正直、あまり欠点が見当たりません。本当にいいウルトラブックですね!

コメント (12)

  • なつめぐさん

    2013/05/04

    ちょっと怖いテルテルボウズ・・・はご愛嬌ってことで(ww

    お疲れでつ(・・
    本番前の緊張が・・(www
  • makihibikiさん

    2013/05/04

    >なつめぐさん
    コメントありがとうございます!
    赤一色のテルテル坊主は、次女の作品です。血だらけ・・・なんて気にしないさ~。
他9件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ほかのユーザーのレビュー

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから