レビューメディア「ジグソー」

SRT搭載 Z68系マザーボード 興奮しました!


 この度は、
 プレミアムレビュー「レビューインフィニティ第6弾 ハイブリッド星」
 に選出いただき、ありがとうございました。
 企画協力 インテル株式会社様、zigsow株式会社様 へ感謝しています。

今回の企画は、
 ・インテル® SSD 311 20GB(2.5インチSATA)
 ・GIGABYTE GA-Z68XP-UD3R
 のセットを使用して、HDDを組み合わせてSRTで高速化し、 ハイブリッドストレージ環境ならではの性能、高速化後のベンチマーク結果や、SRTを設定する手順を詳しくレビューが目的です。

SSDレビューについては、別ページでレビューしていますので、そちらもご覧ください。




自宅へ荷物が到着していました。

袋から中身を取り出してみると、インテル® SSD 311 20GB(2.5インチSATA)とGIGABYTE GA-Z68XP-UD3Rが入っていました。
zigsow株式会社様からの手紙も入っていました。\(^o^)/



さっそく、マザーボード(以降M/B)、SSDを取り出してみました。


M/Bの箱を開けてみると、今まで使用していたの廉価版M/Bとは違い、高級感漂うM/Bでした。


まず、M/Bを取出しじっくり観察!
ん~、最高!

続いて、CPU取り付け

純正CPUファンを取り付け
CPUファン
CPUファン

PCケースに取り付けると

ケース背面はこんな感じです

SSDは、取り付け金具を使用して、3.5インチベイに取り付け


今回、M/BとSSDだけでは動作しないので、新しいパーツを購入しました。
予算の関係で、下記パーツ以外は現在所有しているパーツを流用しました。
 CPU Intel Core i7-2600K
 HDD HITACHI Deskstar 0S03191 (2TB/SATA3)
 メモリ ADATA AX3U1600GC4G9-2G (DDR3 1600) 4GBx4
 SSD取付け金具(2.5インチ→3.5インチベイ) CENTURY CRGT2


全てのパーツを取付け終了後、待ちに待った火入れ式です!
電源ONすると、BIOSセットアップ画面が現われました。感動です\(^o^)/
早くセットアップに進みます。

ドライブは、とりあえず、
HDD:SATA3_0、SSD:SATA3_1
に接続しました。(ベンチマーク時には一部変更してたものがあります)
SRTを使用するには、PCH SATA Control Mode をRAID(XHD)に設定する必要があります。



CPUクロックなどは、とりあえず標準設定で。


Extreme メモリプロファイル(XMP) メモリモジュールを使用しているため、Profile1に設定。


BIOS設定を保存し、パソコンを再起動。
OS(Windows7)をインストール。


M/B付属のDVD-ROMで、ドライバをインストール。


再起動後して、セットアップ完了。


GA-Z68XP-UD3Rは、Intel Z68チップセット(LGA1155対応)を採用したATXマザーボード
オンボード出力としてHDMI出力を装備し、CPU内蔵グラフィックス機能とグラフィックスカードとの動的切り替えを可能とする「Virtu」も装備
PCI Express x16スロット×2(CrossFireXおよびSLIをサポート)

CPU
 LGA1155ソケット Intel Core i7/i5/i3 processors 
 Intel Pentium processors/Intel Celeron processors
チップセット
 Intel Z68 Express チップセット
メモリー
 4 x 1.5V DDR3 DIMM ソケットを装備し、最大32 GB システムメモリをサポート
 デュアルチャネルメモリ対応
 DDR3 2133/1866/1600/1333/1066 MHz メモリモジュールをサポート
 non-ECC メモリモジュールをサポート
 Extreme メモリプロファイル(XMP) メモリモジュールをサポート
内蔵グラフィック
 チップセットに内蔵: 1 x HDMI ポート, 最大解像度1920x1200をサポート
オーディオ
 Realtek ALC889 コーデック
 ハイディフィニッションオーディオ
 2/4/5.1/7.1-チャンネル
 DolbyRホームシアターをサポート
 S/PDIF Outをサポート
LAN
 1 x Realtek RTL8111E チップ (10/100/1000 Mbit)
拡張スロット
 1 x PCI Express x16 スロット, x16動作 (PCIEX16)
 1 x PCI Express x16 スロット, x8動作 (PCIEX8)
 3 x PCI Express x1 スロット
 すべてPCI Express 2.0対応
 2 x PCI スロット
マルチグラフィックステクノロジー
 AMD CrossFireX / NVIDIA SLI をサポート
ストレージインターフェース
 チップセット:
 2 x SATA 6Gb/s対応コネクタ、(SATA3_0, SATA3_1)
 4 x SATA 3Gb/s対応コネクタ(SATA2_2~SATA2_5)
 RAID 0, RAID 1, RAID 5, およびRAID 10をサポート
 1 x Marvell 88SE9172 チップ::
 2 x SATA 6Gb/s対応コネクタ(GSATA3_6, GSATA3_7)
 RAID 0 およびRAID 1をサポート
USB
 チップセット:
 14 x USB 2.0/1.1対応ポート(8:バックパネル, 6: 内部コネクタ)
 2 x Etron EJ168 チップ:
 4 USB 3.0/2.0対応ポート(2:バックパネル, 2:内部コネクタ)
IEEE 1394
 VIA VT6308 チップ::
 IEEE 1394a対応ポート(1:バックパネル, 1:内部コネクタ)
内部入出力コネクタ
 1 x 24-pin ATX メイン電源コネクタ
 1 x 8-pin ATX 12V 電源コネクタ
 4 x SATA 6Gb/s コネクタ
 4 x SATA 3Gb/s コネクタ
 1 x CPU fan ヘッダ
 2 x システム fan ヘッダ
 1 x 電源 fan ヘッダ
 1 x フロントパネルヘッダ
 1 x フロントパネルオーディオヘッダ
 1 x S/PDIF Out ヘッダ
 3 x USB 2.0/1.1 ヘッダ
 1 x USB 3.0/2.0 ヘッダ
 1 x IEEE 1394a ヘッダ
 1 x シリアルポートヘッダ
 1 x CMOSクリアジャンパー
 1 x トラステッドプラットフォームモジュール(TPM)ヘッダ
バックパネルコネクタ
 1 x PS/2 キーボード/マウスポート
 1 x 光デジタル S/PDIF Out コネクタ
 1 x IEEE 1394 ポート
 1 x HDMI ポート
 8 x USB 2.0/1.1 ポート
 2 x USB 3.0/2.0 ポート
 1 x RJ-45 ポート
 6 x オーディオジャック
オペレーティングシステム
 MicrosoftR WindowsR 7/Vista/XPをサポート
フォームファクター
 ATX フォームファクター; 30.5cm x 24.4cm


 SSD インテル® SSD 311 20GB(2.5インチSATA)
 M/B GIGABYTE GA-Z68XP-UD3R
 メモリ ADATA AX3U1600GC4G9-2G (DDR3 1600) 4GBx4
 CPU Intel Core i7-2600K
 HDD HITACHI Deskstar 0S03191 (2TB/SATA3)
     WesternDigital WD5000AACS (500GB/SATA2)
 DVDドライブ I-O DATA DVR-SN18GLV (Serial ATA対応内蔵型スーパーマルチドライブ)
 電源 エバーグリーン Power Glitter2 EG-525PG2パソコン用ATX電源 525W
 ケース Skydigital SKY701L-BK  
 モニター BenQ E2420HD
 キーボード・マウス Buffalo BSKBW02BK(無線)
 OS Windows7 Home Premium 64bit


SRTシステムについては、別もちものを確認ください。




今回は、SRTについてのベンチマークを行いました。
このM/Bは、SATA2(3Gb/s)とSATA3(6Gb/s)のコネクタが装備されており、コネクタ接続違いによる動作の確認を行いました。

また、STAT2(3Gb/s)のHDDを使用した場合に、SRT効果で、どの程度高速化できるかも確認を行いました。

◆Crystal Disk Mark



SATAコネクタの違いでは、SRT効果に差はほとんどありませんでした。
共に、チップセットのコネクタであるため、差がないと考えられます。
また、SSDがSATA2(3Gb/s)仕様であるため、やはり3Gb/sが限界のようです。

次に、HDDをSATA2(3Gb/s)仕様に交換し、SRT効果を確認したところ、SRT(拡張)はSATA3(6Gb/s)に対して遅かったのですが、SRT(高速)では、SATA3に近い速度を確認できました。
しかし、書き込み速度は少し遅いようです。
SATAの仕様が異なるので、その差が出たのではないでしょうか。
速い順で書くと、
SSD>SRT(高速)/HDD(6Gb/s)>SRT(高速)/HDD(3Gb/s)>SRT(拡張)/HDD(6Gb/s)>SRT(拡張)/HDD(3Gb/s)>HDD(6Gb/s)>HDD(3Gb/s)
でした。

【2011/9/25追加】
ベンチマーク実行時の消費電力を測定してみました。

SRT ON時の方が、若干消費電力が高かったです。
SSDへアクセスする分高くなっているようですが、ほとんど差がないとみて問題ないでしょう。



SRTの効果を最大限利用するには、高速モードを使用しなければならず、SSDにトラブルがあった時にのデータを消失する可能性があります。
SRTの拡張モードでは、データ消失は回避できますが、書き込み速度が遅く、せっかくのSSDも効果半減です。
ただし、システムディスクとして、現在はSSDのみを使用するケースが多いため、比較すればSRT高速モードで使用してもいいかもしれません。
Intel株式会社様のSSDは信頼性も高いので、問題ないと思います。
私自身は、高速モードでの仕様を考えています。
SSDが、SATA3対応であれば、さらに高速化できると思います。
驚いたのは、SATA2のHDDでもSRT効果が高いことです。
よって、価格が安く性能が低いHDD(静音タイプなど)を使用しても、同じような効果が期待できます。

今回、時間の都合で、SRTに特化したレビューでしたが、M/B、CPU、メモリの性能を最大限に活用できておらず、M/Bの様々な機能も試していないので、今後更新していたいと考えています。

このような機会を提供して頂きました、インテル株式会社様、zigsow株式会社様に本当に感謝しています。
あらためて、パソコンの面白さを実感できました。
ありがとうございました。

16人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (3)

  • かつくんさん

    2011/09/25

    ベンチマーク実行時の消費電力を測定してみました。
    レビューに追加しました。
    SRT ON時の方が、若干高いようです。
  • 退会したユーザーさん

    2011/09/27

    レビューお疲れ様です!
    自分はP45時代のUD3Rを使っているので、「おー、UD3RがZ68なんて、出世したなぁ!」と思い読みました。

    SRT、やっぱり効果バツグンですね。
    これから熟成してどんどん安定させてほしいモノですね!

    詳細レビュー作成お疲れ様です!
    (^0^/
  • かつくんさん

    2011/09/27

    zigzsowzさん
    コメントありがとうございます。

    初レビューでしたが、なかなか面白かったです。
    やっぱり、最新パーツっていいですねー。
    SRTがこれほどすごいとは驚きでした。

    これからも進化していくと思うので、乗り遅れないようについていかないと。。。

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加