レビューメディア「ジグソー」

Photoshop Elements 10でカレンダーやスライドショー、フォトブックを簡単作成

この度は坂東寛司のネコカメ写真教室パート2のレビュアーに選出いただき
zigsow様及びインテル株式会社様ほか関係各社様に厚く御礼申し上げます。

こちらではAdobe Photoshop Elements 10のレビューと共に
レビューテーマである、各講座に合わせた画像編集を行っていきます。

自分は猫は大好きなんですが、うちにはわんこがいるので
猫カフェや猫ふれあいルーム的なところで撮影です(^^
知らない猫ちゃんたちにたくさん会えてとっても幸せでした(*´▽`*)

今回お世話になったネコ様たちはこちらで写真を撮らせていただきました。
猫カフェ fairebeau
富士サファリパーク「ネコの館」


以下、本文です。
※かなり長文になっております。読むのが面倒な人は
 項目「良かったところ悪かったところ」と「Photoshop Elements 10 まとめ」だけ
 ご覧いただければ大体把握できますので、是非(笑)


Photoshop Elements 10 製品概要
Photoshop Elements 10 製品概要

画像編集ソフト&写真のレタッチソフトとしては右に出るものがないと
勝手に思ってるAdobe 社のPhotoshop というソフトの
ホームユース用、機能制限廉価版という位置づけな
Photoshop Elements シリーズ。(旧Photoshop LE)
今回のレビューで送られてきたのは、昨年の終わりごろに発売されたばかりの
Photoshop Elements 10 です。
略してPSE10(以下PSEと略します)
PSE8 あたりから機能がなんだかすごいことになってきて
9 になり、10 へとなって、さらに機能がプラスされてしまいました。
ぶっちゃけ、プロのデザイナーやらカメラマンあたり以外は
PSE で十分なほどの機能を備えています。これで15000円なんだから安いね!

んまー、最近だと15000円くらいのペンタブレット買うとPSE9 が
もれなくついてくるので・・・はっ・・・何をするやめ(略

Photoshop Elements 10 の特徴はこんな感じです↓

・Windows版/Mac版 が同じDVD に記録されている
・Adobe Premier Elements 10 30日体験版が付属している
・冊子状のマニュアルは22ページだけだが一応付属している

Photoshop Elements 9 から10への変更点
・31種類のフィルタが追加された
・スライドショーをPDF にも出力できるようになった
・ステップバイステップのガイド付き編集機能が付いた
・写真に写り込んでいるものから特定の写真を自動的に
 見つけ出す機能が付いた
・Facebook やYoutube にアップロードできるようになった
・曲線や円上にテキストを自由に配置できるようになった


今回使用した機材等
今回使用した機材等


使用したカメラ:デジタル一眼レフカメラ PENTAX k-m ダブルズームキット
         コンパクトデジタルカメラ CANON Powershot S95
使用したプリンター:EPSON EP804-AR
使用したプリンター用紙:EPSON フォト光沢紙A4 20枚入(KA420PGP)

猫カフェ等では主にデジイチの標準レンズを付けて
俯瞰から正面からあおりからナナメからと写真を撮りまくりました。
デジイチ PENTAX k-m では普段絞り優先モードで撮影しているのですけど
うっかりするとストロボが発光してしまうので、ストロボオフモードで
他の調整は手で設定(^^;
AF(オートフォーカス……ピントを自動であわせる)は動作するので
ISOの値だとか絞りだとかをいじった感じですかね。
猫様は良くも悪くも猫様なので、いつシャッターチャンスがくるかわかりませんし
寝てる時以外はおとなしくしてくれませんので
ISO800 とか1600 とかに設定してひたすら連写です。
100枚撮って1枚良い写真があればいいや、っていう気持ちで撮ったので
半分くらいは没写真でした(笑)

オリジナルカレンダーを印刷するとなると、やはり画質よく印刷したいので
こちらも写真用の印刷用紙をチョイス。
んまー、インク代かさむわ、水で濡れたらアウトだわで所詮は家庭印刷ですが
写真用用紙に印刷したやつはマジでキレイに印刷できるので
「これは記念に印刷しておきたい」とか「誰かにあげたい」って時は
ケチることなく、良い紙を買いましょう(*´▽`*)


オリジナルカレンダー作りにチャレンジ!
オリジナルカレンダー作りにチャレンジ!


坂東寛司のネコカメ写真教室初級編を参考にしながら
スリーピングキャットを撮影してきました。
ネコちゃんは夜行性なので、日中に撮影にいくと大体寝てます(笑)
おかげでたくさんスリーピングなキャットを撮ることができましたが
季節感となるとなかなか難しいですね・・・w
自分なりに季節感(?)を付けてカレンダーを作りましたので
良かったらご覧ください(^^
※画像をクリックで大きく表示されます。

スリーピングキャットカレンダー2012年表紙
スリーピングキャットカレンダー2012年表紙

カレンダー2012年3月
カレンダー2012年3月

カレンダー2012年4月
カレンダー2012年4月

カレンダー2012年5月
カレンダー2012年5月

カレンダー2012年6月
カレンダー2012年6月

カレンダー2012年7月
カレンダー2012年7月

カレンダー2012年8月
カレンダー2012年8月

カレンダー2012年9月
カレンダー2012年9月

カレンダー2012年10月
カレンダー2012年10月

カレンダー2012年11月
カレンダー2012年11月

カレンダー2012年12月
カレンダー2012年12月

カレンダー2013年1月
カレンダー2013年1月

カレンダー2013年2月
カレンダー2013年2月


撮影時期が冬だったため、冬な季節感は出せたとは思うんですけど(^^;
ちょうどおなかをあけて寝ていた猫様がいたので
ネコカメ講座で、夏っぽいと書かれていたのをたよりに
それを8月に持ってきました(笑)
あとは雰囲気で(^^;


■PSE10 でのカレンダーの作成手順

1.Photoshop Elements 10 の起動画面で「整理」ボタンをクリックして
 Photoshop Elements Organizer を起動します。

2.起動時に猫の写真(というか画像)がずらーっと表示されます。

3.画面右側の[整理]タブをクリックし、[新規アルバム]を作成して
 わかりやすいアルバム名を入力します。

4.一覧表示された猫の写真をダブルクリックすると大きく表示されるので
 ピントがあってるもの、雰囲気が出てるもの、ネタになりそうなもの(?)に
 適当にキャプションを追加して、3で作ったアルバムの「コンテンツ」のところに
 写真をドラッグアンドドロップして、追加していきます。

5.チョイスした写真がアルバムとしてまとめられます。

6.[編集]-[すべてを選択]とクリックし、全選択された状態で
 [編集]-[Photoshop Elements Editor で編集]をクリックします。
※ファイルの種類(JPEGだとかRAWとか)や、量によっては時間がかかると思いますが
 今回レビューで使わせていただいている最新CPU搭載PCでは
 しゅばーっと動作しました。
 デジイチやハイエンドコンデジを使ってる人はやっぱりそれなりの性能のPCが
 欲しいですね。

7.Photoshop Elements Editor が起動し、RAWファイルの場合は
 それと同時にCamera Raw というソフトが起動します。
 RAW現像ソフトです。

8.画面右側の基本補正というところで細かく設定できますし
 ホワイトバランスの右側のプルダウンからいくつかあるプリセットを選べば
 自動調整されるので、自分のイメージに合う写真になるまで好きなだけいじります。
 (好きなだけいじっても画質が荒れないのはRAWの良い所(*´▽`*))

9.画面左上の[すべて選択]をクリックし、画面右下の[画像を開く]をクリックします。

10.PSE10 の機能だけを使ってカレンダーを作るのであれば、そのまま
 画面右上の[作成]タブから[フォトカレンダー]とクリックします。

11.フォトカレンダー作成ウィザードが表示されるので、左上の開始月と年を
 任意に設定して、中央のテーマから任意のテーマを選び、[OK]をクリックします。

12.タイトルページの「タイトルを入力してください」をクリックして
 任意のタイトルを入力します。

13.各月ページでは写真自動で適当に配置されてしまうので
 画面右上の[レイアウト]をクリックして、写真枚数やイメージに合わせて
 レイアウトを変更します。

14.タイトル・各月のイメージに合う猫の写真を、画面したのプロジェクトエリアから
 選び、カレンダー画面のところにドラッグアンドドロップします。

15.カレンダーとしてまとまったら、[完了]または[プリント]をクリックします。



Youtube にあじ猫スライドショーを公開
Youtube にあじ猫スライドショーを公開


坂東寛司のネコカメ写真教室中級編を参考にしながら
あじ猫を撮影して、モノトーンにし、トーンカーブをいじって
自分なりに味(?)がある写真にして、スライドショーを作りました。
さほど長くない動画(1分)ですので良かったらご覧ください(^^



スライドショーの作成手順はネコカメ写真教室中級編をご覧ください(笑)

・・・っと、ネコカメ写真教室中級編ではPhotoshop Lightroom 3 を使った
モノクロ加工になってますね。
PSE10 でも似たようなことができますので、その手順を書きます。

■PSE10 で写真をモノクロにして、トーンカーブをいじる方法
1.PSE10 を起動し、[整理]をクリックして、Photoshop Elements Organizerを
 起動させてあじ猫な感じの写真を、あじ猫用アルバムにピックアップします。
 ※Organizer でのアルバム作成手順についてはカレンダーの項目をご覧ください。

2.Photoshop Elements Editor で開き、Camera Raw を起動させます(RAW画像の場合)
 ※JPEG ファイルの場合は、Camera Raw の手順は飛ばしてください。

3.画面右下の「彩度」のスライダーを -100 まで変更します。
 これを全ての写真で行います。
 ※写真によっては「明瞭度」もいじってみても面白い効果がでます。

4.画面左上の[すべてを選択]をクリックし、画面右下の[画像を開く]を
 クリックして、PSE Editor に移ります。

5.(JPEG ファイルの場合は[画質調整]-[モノクロバリエーション]と操作し
 お好みのプリセットでモノクロ加工します)
 [画質調整]-[カラー]-[カラーカーブ]とクリックします。

6.ハイライト補正や、シャドウ補正などのスライダを動かして
 味が出るような感じに補正します。
 ※ここはセンスの問題なのでスライダの動かし方の正解はありません(^^;


あじ猫写真を全部補正しおわったらスライドショーを作ります。
PSE10 と、Youtube アカウントがあれば、簡単にスライドショー動画が作成できます。
他にもPSE10 の場合、PDF に出力できたりするので
「どうせ動画は見てもらえないし……」という方は、思い切ってPDF にするのも
ありですよ!(笑)


ちなみに、動画編集ソフトでスライドショーを作れば音楽をつけたり
オーバーレイで画像や文字をのせたりできるので
本格的なスライドショー動画を作りたい場合は、Adobe Premire Elementsや
Videostudio などの動画編集ソフトにステップアップジャンプ! です!


冒頭にちょっとだけネタを仕込みましたので15秒だけでも
再生してやってください(笑)


オンラインフォトブックを簡単作成
オンラインフォトブックを簡単作成

坂東寛司のネコカメ写真教室上級編を参考にしながら
フォトブックを作成しました。




上級編によるとテーマを決めてフォトブックを作ろうとのことでしたので
色々悩んでいたのですが、おものだちのbibirikotetuさんちの
猫ちゃん(ジジちゃん&華ちゃん)があまりにかわいすぎるので、
数年分をまとめてzipで送ってもらい、ジジちゃん写真集を作ることにしました。
bibirikotetuさん、ファイルの送信手配ならびに使用許可をいただき
ありがとうございます。
なお、撮影はすべてiPhone で行われたとのことで
デジイチのような被写体深度のあるような(つまり周辺がボケるような)写真は
ありませんでしたが、飼い主に心を許してるからこその
愛らしい写真が気軽にそこそこ高画質で撮れるという意味では
iPhone も侮れませんね。

フォトブック作成に使ったオンラインフォトブックサービスは
大日本印刷を株主にもつ、ドリームページを使わせていただきました。


さて、頂いた写真はすべてJPEG、しかも500枚以上とすごい量でしたので
Photoshop Elements 10 Organizer を使い、使用するファイルの選別を行いました。
ジジちゃんだけで345枚
ジジちゃんだけで345枚


上級編にならい、ラフを作成。
ラフ作成
ラフ作成


ラフを元に、さらにOrganizer で小アルバムを作成。
各ページごとにアルバム作成
各ページごとにアルバム作成

小アルバムの写真を全て選択し、新規ファイル(JPEG)で、わかりやすい名前を付けて、わかりやすいフォルダーに書き出す
小アルバムの写真を全て選択し、新規ファイル(JPEG)で、わかりやすい名前を付けて、わかりやすいフォルダーに書き出す

ページ毎にフォルダ分けし、書き出された写真
ページ毎にフォルダ分けし、書き出された写真


ここまで整理しておくと、フォトブック作成は非常に楽ちんでした。
そのページになったら、そのフォルダの写真をアップして、配置するだけなので(^^

実際にフォトブックにしたところのイメージ画像はこちら。(ラフ写真と同じページのところです)
フォトブックイメージ画像
フォトブックイメージ画像



今までPhotoshop Elements シリーズは主に「編集(Editor)」のほうしか
使っていなかったので知りませんでしたが
「整理(Organizer)」も結構使えますね!
今回使ったオンラインフォトブックサービスに限らず
ほとんどのオンラインフォトブックサービスはJPEG対応だと思うので
一括でJPEG書き出しできるのは大変ありがたいです。



良かったところ悪かったところ
良かったところ悪かったところ

■悪かったところ
・[Windows版]インストールの際、DISK2 に入れ替える旨のウィザードが表示されるが
 光学式ドライブがロックされてDISK2 に入れ替えることができないうえに
 キャンセルをかけると「インストールが終了した」と表示される
 インストールウィザードの修正を行っていただきたい
 ※おものだちの方より指摘あり、「Premier Elements体験版」のインストールに
  チェックが入っているとこの現象が起きるのではないかとのこと。
・目玉機能と思われていた、パスにそって文字を入れられる機能がヘルプ通りに操作しても
 文字入れができなかった。
・ネコカメ講座ではEditor のほうでスライドショーの作成をしていたので気づかなかったが
 Organizer のほうでは、直接Youtube にスライドショーをアップできるとのこと。
 Editor のほうでもOrganizer 同様、Youtube に直接スライドショーをアップできるように
 してほしい。


■良かったところ
・スライドショーがPDFで出力できることにより、オリジナル写真集電子書籍が作れる
・カレンダーなどのテーマが9よりも増えていて、さらに選べるようになった
・Photoshop Elements Editor の方でモノクロ加工する時、各種プリセットが
 用意されているため、トーンカーブやガンマ補正などをいじらなくても
 お手軽にモノクロ画像に補正がかけられるようになった。
・Photoshop Elements Organizer による写真整理が思いのほか便利。


Adobe Photoshop Elements 10 まとめ
Adobe Photoshop Elements 10 まとめ

家庭用フォトレタッチソフトとしては高性能すぎるソフトだと思います。
運よくPSE6・9・10と使うことができたので比較してしまうと
残念ながら6よりは劇的に良くなってるものの9と10には劇的な差は感じられませんでした。
強いて言えば今使ってるコンデジのRAW形式をサポートしてくれたのが個人的にGood!
自分の場合は、どうしても編集がメインになってしまうので
やはりYoutube連携などについてもEditor のほうにも対応してほしかったのが本音です。
今回はレビュー課題ばかりを書いてしまいましたが
本当にフォトレタッチソフトとしては高性能ですので
(RAW現像対応、トーンカーブ対応、複数レイヤー対応、その他もろもろありすぎ……)
パソコン購入の際にBTOで付属させたり、あるいはペンタブに付属の(略)
是非是非使ってほしいソフトです(^^

コメント (22)

  • はにゃさん

    2012/02/03

    レビュー 第一弾お疲れ様です。

    眠れている猫ちゃんが一杯とれてますね!いいですねぇ。

    あとスライドショーなんですが、モノトーンでクロスフェードさせるときに若干見づらさを感じました。
    前画像が輝度がかなり下がってからフェードインすると変わるかも。
    (今寝不足だからそう感じるだけかもしれない)

    次も期待してます!
  • リーダーさん

    2012/02/03

    はにゃさんコメントありがとうございます。

    >スライドショー
    パン&ズーム させてるうえに1枚が3秒しかないので
    せかせかしちゃってますね(^^;
    1枚5秒ぐらいにして、フェードインフェードアウトさせるか
    カッチリとしたクロスフェードをかけるかしたほうがいいですねー。
他19件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ほかのユーザーのレビュー