レビューメディア「ジグソー」

ブランドコンセプト通り、「革命的な」美味しさのドリップパック

カフェレボルシオンの発売2周年記念ということで、今回レビューに応募してみました。普段からコーヒーはよく飲みます。自宅で焙煎豆を専門店で購入してハンドドリップしてます。ドリップパックはお手軽ですが、豆の品質が悪いのでは?量販店やコンビニで一般的に販売されているパックは抽出が簡単だが、品質が悪いというイメージがあります。通常のドリップパックと今回のレボルシオンの何が違うのか、レビューしたいと思います。

 


【パッケージ外装】
自宅に届いて驚いたのが、パッケージの高級感。しっかりとした材質の箱に、あたかも革命を想起するかのような、真っ赤な色のパッケージで、高級感とともにデザイン性の高さやブランドコンセプトの表現力をパッケージから感じました。販売元はミカフェートという会社でしたので、ネットで調べたら、税込み3,500円。1箱あたり700円で、1箱に5パック入っているので、1パックあたりで換算すると1杯140円です。

 

 

【5箱の画像】
赤いパッケージの中には5箱入っていますが、どれもデザインが凝っています。特に【PICO】
のカラフルなデザインは素敵ですね。それぞれの箱が、中のフレーバーの風味を表現するデザインになっていて、飲む前からワクワクするデザインになっています。

 


【PICO画像】

 


【個包装】


箱を開けると、同じデザインの個包装のパッケージ。
ラッセルホブスのケトルでお湯を沸かして、沸騰してから少し待って、SOL→PICO→PODEROSO→PAZ→GLORIAの順番に飲んでみました。

 


【SOL】
個人的には浅煎りながら豆本来の味を楽しめるこちらが一番お勧めです!おすすめの時間帯「美しき朝」と記載されており(表現が全て詩的なのも素敵ですね)、すっきりとした味わいが朝にぴったりとのこと。原産国がSOLだけコロンビアのみのシングルオリジンということもあるのか、飲んだ後の雑味が全くなくクリアーな味わいでした。


【PICO】
お昼時がお勧めということで、SOLに比べると若干ボディが強く深みを感じます。PODEROSOと同様、少しミルクを入れて飲んでも充分コーヒー本来の味わいを損なうことなく、色々な楽しみ方が出来て非常に美味しいです。


【PODEROSO】
午後の眠たい時間にリフレッシュするというフレーズにあるように、5種類の中で最も深煎りでパンチのある味わいでした。少しミルクを入れて飲んでみましたが、これだけ味がしっかりしているとミルクを入れてもコーヒー本来の味わいを強く感じて、強いコクが余韻として残ります。一般的なコーヒー好きには最も好まれる味では無いでしょうか。


【PAZ】
お勧めの時間帯が「平和な夜」というこちらの商品は、スペイン語で「平和」という意味の商品名です。夕方からのリラックスタイムにお勧めということで、強いボディはありながら酸味は少なく、シルキーな味わい。


【GLORIA】
バランスの良さが売りのGLORIAですが、確かに煎りも中程度で、5種のコーヒーの中では非常に飲みやすく、シーンを問わず飲むのに適しています。

全体的に、今までのドリップパックの概念を覆す、5種類それぞれ個性に溢れていて、文字通り革命的に美味しいコーヒーでした。他社のドリップパックは、焙煎豆本来の持つコーヒーの味わいは少なく、利便性のみで利用しますが、本当に美味しいと感じることはありませんでしたが、今回のレボルシオンは、コーヒー豆は生き物と言いますが、ドリップパックの状態にも関わらず、お湯を注ぐと得も言われぬ香しい匂いに溢れ、お湯を注ぐとパックの中で豆が膨らみます。ドリップパックにも関わらずこの状態を維持していること自体に、原材料へのこだわりや、商品の品質管理の高さを感じます。


値段は高いですが、一般的なカフェで飲むコーヒーだと300円から400円、今はやりのサードウェーブ系のスペシャルティコーヒーですと1,000円前後のコーヒーもある中で、自宅でこれだけ高品質なコーヒーを気軽に楽しめるのであれば、この値段は納得です。ドリップパックなので、場所を選ばずどこでも楽しめるのもメリットです。

次回は様々なシーンでこちらのドリップパックを使って飲んでみたり、スイーツや食事との組み合わせや、種類の違うドリップパックのブレンドを試してみたいと思います。緊急事態宣言で外出が難しい昨今ですが、個人的には山登りの後に、もしくはキャンプの時に、野外で一番お気に入りのSOLを飲んでレビューしたいと思います!

更新: 2021/05/05
このコーヒーにあうフードはコレだ!! PREMIUM REVIEW

レボルシオンレビュー第2弾 海沿いの絶景テラスで、クラフトブレンドを頂く至福の時‼

今回はレビュー第2弾ということで、スイーツなどの食とのレボルシオンの組み合わせ、異なるフレーバーのドリップパックのクラフトブレンド、コーヒーの飲むシーンについてレビューしたいと思います。

 

【食とのマリアージュ】

定番ですが、濃い系のポデロッソ(PODEROSO)は濃厚なガトーショコラやチーズケーキと相性が良いのではと思い、タスマニアチーズを使用したタルトフロマージュと合わせてみました。ボディがしっかりとしたコーヒーと、濃厚なスイーツはど定番の組み合わせですが、やはり予想通りチーズの癖に全く負けておらず、相性抜群です。パス(PAZ)もコクがあって、濃厚なスイーツとの組み合わせは非常にお勧めです。同じチーズケーキでもスフレタイプや、レアチーズケーキよりも、ブルーチーズ系のタルトや少々クセのあるチーズを使ったチーズタルトとの組み合わせがお勧めです。

 

 

すっきりとしたピコ(PICO)、バランスが特徴のグロリア(GLORIA)は、カスタード風味のカヌレとあわせてみました。カスタード系のお菓子や、あっさりとしたパイ菓子には、苦みが特徴のポデロッソよりも、ピコやグロリアの方が相性は良かったです。

 

 

今回はスイーツと合わせましたが、

・ポデロッソ/パス→カカオ70%以上含有の濃厚なチョコレートや、チョコレート系スイーツ、濃厚なチーズケーキ

・ピコ/グロリア→カスタード系のスイーツや、パイ生地を使用したお菓子

・ソル→ビスキュイやクッキーなど、ナチュラル系の甘さ控えめのスイーツ

 

お茶の時間のスイーツごとに、様々な組み合わせが出来るのがこのレボルシオンの特徴。5種類それぞれ個性が際立っているので、色々な組み合わせが楽しめました。

更新: 2021/05/05
おススメのブレンド PREMIUM REVIEW

クラフトブレンド

今回は一番濃厚なポデロッソと、軽めのソルや、バランスの良いグロリアとポデロッソ、様々な組み合わせを試してみましたが、一番気に入ったのがパスとピコを組み合わせです。色々な組み合わせの中でも、もともと濃厚で深煎りタイプが好きなのですが、ポデロッソほどの深みにはならず、パスの濃厚さにフレッシュ感のあるピコを組み合わせることで、まさにブレンドの醍醐味を感じることが出来ました。レボルシオンは勿論単品で飲んでも美味しいですが、このクラフトブレンドで、何パターンもの組み合わせが出来る点が非常に魅力的ですね。

 

 

 

 

更新: 2021/05/05
楽しさ

シーン提案

今回は少し趣向を変えて、レボルシオンが雑誌にてコーヒー機器メーカーとコラボしているということで、下記を購入しました。雑誌の「Begin」にて、ボダムとポダムのフレンチプレスと、レボルシオンのクラフトブレンドが入って2,980円!特別価格らしく、代官山にお出かけしたときに、蔦屋書店で販売しているのを見て衝動買いしました。このセットがあれば、お湯さえあれば場所を選ばずレボルシオンのクラフトブレンドを楽しめる!何ともお勧めのセットです。

 

 

中にはポダムのフレンチプレスと、ペットボトルに入ったレボルシオンのクラフトブレンドのセット。1回につき4杯分抽出でき、手軽でアウトドアにぴったりです。

 

 

今回は、こちらのコーヒーを頂くのに、千葉の九十九里浜海岸の海沿いのエアB&Bに宿泊。

目の前テラスはこんな感じです。

 

 

 

海が見える絶景の屋上テラスにて、フレンチプレスを使ってレボルシオンのクラフトブレンドを楽しみました。ペットボトルタイプは、シャンパンを抜栓した時のような「プシュッ」とした爽快な音が気分を盛り立ててくれます。まさにコーヒーはフルーツで、フレッシュさが命ですね。ドリップバッグでも感じましたが、コーヒー本来の持つ品質を全く落とすことなく流通させる品質管理の高さに驚かされます。景色も最高ですが、フレンチプレスで淹れたレボルシオンのクラフトブレンドは、コーヒーの雑味が全く無く、すっきりとした味わい。山頂やキャンプももちろんお勧めですが、晴れた日の海沿いで頂くコーヒーは最高の贅沢な瞬間で癒されました。今回はたまたま見つけたフレンチプレス×クラフトブレンドのペットタイプを試しましたが、お湯さえあればどこでも最上のコーヒーを楽しめるレボルシオンのドリップパックは本当にお勧めです。

 

今回のレビューを通じて、レボルシオンのコーヒーに文字通りどっぷりと浸かりました。他のメーカーのコーヒーも何度かトライしましたが、自家焙煎のコーヒー豆やレボルシオンと同じドリップパック、いずれもコーヒー本来の風味が感じられず、本来の豆の持ち味を引き出していないと感じました。某シアトル系チェーン店のコーヒーや、小売りのコーヒーを飲んでみましたが、ただ苦いだけ。これでは、コーヒー=苦い、というイメージがついているのも仕方が無いですね。

一般的に流通しているコーヒー豆は深煎りの豆が多い印象なのですが、同じ深煎りでもレボルシオンの深煎りは、コーヒーの持ち味を最大限に引き出していて、どんな食事やスイーツとあわせても、コーヒー自体の主張が強いと感じます。

レボルシオンよりさらに高級なハンターシリーズや、グランクリュは一体どれ程のものなのか…。想像を絶するコーヒー体験になることが間違いないと思います。

 

今回の企画で、たくさんのコーヒー豆と、至上のコーヒー体験を味合わせて頂いたことに本当に感謝です‼有難うございました。

13人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ほかのユーザーのレビュー

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから