レビューメディア「ジグソー」

旅先でのゲームや、デュアルでのPC作業がはかどる、便利なモバイルディスプレイです。

モバイルディスプレイ
今回レビューをする「On-Lap 1306H」は、そのカテゴリに入る製品です。

簡単に持ち運びができ、PCやスマホと接続すると、大きな画面での作業が可能となるモノ……。

 

どんなものであるかのイメージは、わきます。

やれることも、何となくわかります。

便利そうだなぁ、とも思います。

 

では実際どうなんでしょう?
「On-Lap 1306H」を体験して、その便利さを確かめてみたいと思います。

更新: 2019/10/30

現在のPC周りの環境とか、外PCのこととか

 

一応はWebデザイナーの端くれの私です。
現在は「在宅でWebの仕事」というのは受けておりませんが、Webの新技術を試すために個人サイトをいじってみたり、画像やら動画を作成してみたり、とまあ、色々やってはいるので、PCの作業環境については、ある程度はこだわりたい。イライラしながらモノを作っても、いいものはできませんからね。

そうなんです。ディスプレイは、デュアルから極力離れたくないのです。

 


↑メインPC:デュアルディスプレイ、サブPC:シングルディスプレイ の三面構成ですw

 

現状は上の通りです。が、一度この 二面以上の環境に慣れてしまうと、一画面での作業がもどかしくて仕方ない のです。画面が1枚あるか2枚あるかで作業のスピードが全く違います。作業スペース=作業スピードと言い切っても過言ではありません。

 

 片側で、画像または動画処理の画面を開きつつ、片側で文字を書く。

Webサイト開発環境のスピードアップには、デュアルディスプレイが欠かせません。

 

で、家にいる間は、ここに籠っておればよいのですが……。

問題は外に出ている間です。

 

個人サイト運営とは言うものの、ブラウザゲームを設置していたりするので、そのゲーム内でのイベントを開催していたりすると、「不具合などが起きていないか」をちょこちょこと見ておきたい。せっかくイベント開催しても、プレイヤーが楽しめないと仕方がないですからね。そして、違反者を監視するという点からも、ネット環境は極力持ち歩きたい。

 

なので、旅に出たりしても、一応はPCを持ち歩きます。

今年の夏は京都~大阪~鳥取と長旅に出ました。その間持ち歩き、ずっと活躍していたのがこのPC。

 

ありがたいことに、これも昔zigsowでいただいたものです。程よい作業しやすいサイズなのに軽くて、ネット監視には丁度良いのですよね。このPCからスマホのデザリングかホテルのWifiで繋げる。

何かあったら、即対応する。お金をもらっている仕事ではありませんが、大事な仕事なのです……。

 

対応するのは良いのですが、監視作業の合間に、他のページやサイトを見づらいのが難点なのでした。で…… もう一画面あったらなぁ、と常々思っていた わけなのであり。

更新: 2019/11/13
仕様と特徴

持ち出しやすい最大のサイズ&重さ

まずは外観などを。

 

 

本体+カバー、ユーザーガイドとコード類。シンプルな構成です。

電源は5V 2AのUSB。電源ケーブルは1.2mで、USB A to USB-C。本体側がUSB-Cです。
あとは、HDMI to micro HDMIケーブル(1.2m)と、USB Type-C ビデオケーブル (1.0m)が1つづつ。

 

 

  1. 本体正面


 

ベゼルは太目です。モバイルディスプレイであるが故に「強度が必要だから」なんでしょうね。下側がさらに太くなっており、持ち運ぶ時もこちらを下にしてカバーに収めるように、と説明にありました。

タッチディスプレイ「ではない」13.3インチIPS液晶です。最大解像度は1920×1080のフルHD。最大表示色数 1677万色とのこと。その他仕様は製品仕様などもご参照に。

 

 

  2. 保護カバー


 

こちらが保護カバー。

 

 

本体を差し込んで、上部をマグネットつきの留め具(保護カバーロック)でおさえる仕組みになっています。

 

 

保護カバーの裏側。中央のラバー部分にマグネットが入っていて、本体側のカバー金属に張り付け、自由に角度が変更できます。 

 

 

  3. 外観・重さ


 

立ててみるとこんな感じ。 

 

 

ガイドによると最低角度は40°で、また最大吸着位置は底面から12cm。それ以上の高さにすると倒れてしまいます。

 

重さも量ってみました。

 

 

 

仕様では本体670g、カバースタンド265g。きっちり935gでした。これ以上重いと、持ち出しが厳しいですね。1kg以内なら、持っていこうという気になります。

 

画面についても、これより小さいなら、サブモニター用として持ち出そうという気にもならないでしょうね。フルHDである、10インチ以上である、1kg以内である、の3点は 持ち出せるギリギリ限界の丁度良いサイズである といえそうです。

 

 

  4. 側面


 

後は側面など。 利用できる状態にセットした写真です。

 

←上                                      下→

 

左側面には Micro HDMI と、USB Type-C。

 

←上                                      下→

 

右側面には、電源ボタン・メニュー・音量とイヤホンジャック。

スピーカーはついていないので、音を聞きたい場合は、ヘッドホンを利用するか、外付けのスピーカーをつなぐ必要があります。

 

デジタル映像入力は、USB Type-C (DP Alt Mode) または Micro HDMI。HDMI CEC対応なので、つないだPCをスタンバイ状態から起動すれば、勝手につく…という仕組み。

更新: 2019/11/12
GeChic モバイルモニター「On-Lap 1306H」をさまざまな用途で使用し、いろんな場所で活用してみよう! PREMIUM REVIEW

大きい画面を増やすと、何より見やすくて、便利です。

では早速繋げましょう~!

まずはやはり、持ち出し用PCを拡張して、利用したいですね!

 

 

  1. Lavie Tab W TW710/S2S をデュアルにしてお絵描き!


 

1-1. まずは繋げる

 

Lavie Tab W は、2014年6月発売の10.1型Windowsタブレットです。タブレットながら、着脱式キーボードがついており、ノートPCライクに利用できるため、持ち出しやすいマシンです。ノートPCでは重く感じる場面が多く、それらより外へ持っていく確率が高いです。もちろん、Windows10にアップグレード済み。サイズは10.1インチの画面なので、On-Lap 1306H の方が少し大きい。

 

 

少し前のマシンなので、USB-Cポートはありません。USB2.0ポートが一つあるのみ。ちなみに、外部独自電源です。Micro HDMIの出力ポートがあるので、On-Lap 1306H へはそちらから出力することになります。

 

家にHDMIからMicro HDMIへの変換があったので、そちらで付属のコードをMicro HDMIのオスオスにして…

 

 

On-Lap 1306H側と

 

 

Lavie Tab W側に挿すと

 

 

うまく映りました\(^o^)/

On-Lap 1306Hの電源は、USB A to USB-C、USB-C側を本体に挿します。 

 

 

 

 

1-2. デュアル画面でお絵描き!

 

では、せっかくなので、マシンの特徴を生かしてお絵描きをしてみたいと思います。 

Lavie Tab Wは、Windowsタブレットなので、平らにしてデジタイザーペンで直接絵が描けるのがいいところなのです。

 

サブモニタ(On-Lap 1306H)に「お手本となるもの」を表示しておいて、メインモニタ(Lavie Tab W)にデジタイザーペンで直接お絵描きをする

 

という感じですね。

 

 

お絵描き上級者(?)やプロの方なら、「何かを見ながら」描かなくて大丈夫かもしれませんが、「描きたいものを脳に思い起こしながら、ソラで描く」という作業は、如何せん素人には難しい。

 

かといって、写真を下敷きにしてなぞる……というのはトレースになってしまうので、絵を描くというのとは、またちょっと違ってきます。(※手法として「トレース」するものもあるかもしれませんが、お絵描きにおいてはやはり「トレース」ではなく「見て描き」たい。やっぱり私の中で違うのですよね。自分で書いた下書きをトレースするならともかく、写真をトレースするのは違う!と思うのです。)

 

そこで、On-Lap 1306Hの登場です。描いてみたいものの写真を表示させておいて、モデルさんを見ながら描くように描いていく……というわけです。

 

しょぼいながらも動画も撮ってみました。(途中で終わっているのは、結局のところ何時間もライブしても仕方がない腕なので……あと撮りながらは描きづらかったw)

 

 

完成絵 

 

一画面増える、というのはやはり良いですね。画面いっぱいにのびのびと描けた気がします。

表示するモデルさんは、Youtube動画などでもいいかもしれません。

 

 

スケッチしたり、練習したり。絵をサクサク描くのに丁度よい。

ここであえて文句を言うとしたら、「サブモニタ用につないだコードが邪魔」くらい。
場所を問わず練習できそうなのは良いですね。

 

 

1-3. もっと使えるかも案

 

デュアルでディスプレイを利用するなら、サブに「描き方のチュートリアル」や、「描き方講座などのサイト」を表示し、メインにて自分でも描いてみる、といった使い方もできそうです。教科書とノートを広げている感じですね。

 

▼講座の例( お絵描き講座パルミー さん)

 

モニタが1枚だと、チュートリアルを見る → 画像ソフトを手前に広げる → 絵を描く → チュートリアルを絵の上に表示し直して次を見る→また画像ソフトに戻る……と、毎度利用する画面を入れ替える必要があります。でも、サブモニタがあると、どちらも広げっぱなしで大丈夫。

 

お絵描き練習の幅も広がりそうです。

 

 

 

 

  2. 旅先でNintendo Switchを大画面プレイ!


 

さて次は、もう一つの本命。

旅先でゲームを大画面プレイする!です。

 

現在我が家のゲームの定番といえば、これ。

 

 

携帯ゲーム機としても、据え置き機としても利用できる便利なハードNintendo Switchです。 

旅先に持ち出した際でも、《テーブルモード》でプレイすれば、複数人で問題なくプレイできます。

みんなでワイワイできる、それこそがSwitchの醍醐味なので…。

そして、大画面TVが使えるホテルなら、そこにつなげばいいだけのことなのです。

 

でも、TVがなかったら?

……そう、テーブルモードでプレイすればいいんです。

でも、でもね、

6.2インチのディスプレイは、複数人で見るには小さいんだよぉぉお!

という不満があったのでありまして。

 

13.3インチの On-Lap 1306H を持っていけば、画面サイズはほぼ2倍。

……もっと、見やすく楽しめるんじゃね???と期待が膨らんだのです。

 

そこで、大画面プレイのお試しに《浜松へ突発旅行》に行ってきましたよぉ~(*´∀`*)

 

 

2-1. まずは持ち出す準備

 

旅に行く前に、必要な機材をテストしておきましょう。

まずはNintendo Switchドックに、ACアダプターとHDMI to micro HDMIケーブルのHDMI側を挿します。

 

 

それから、USB A to USB-C のUSB2.0側を

 

 

Nintendo Switchドック側面のUSB端子に挿します。二股になっている両方を挿します。

 

 

後はSwitch本体をドッグに挿し……。

 

 

Nintendo Switchドックから出ている2本のケーブル(micro HDMIとUSB-C)を On-Lap 1306H に挿せばOK!

 

 

音を出すならミニスピーカーなども繋げるといいですね~。

 

 

問題なく動いていますw

ただ、旅にもっていくには、ミニスピーカーがちょっと重い…。のでこちらを導入しました。

 

あと、宿の電源が届かないと悲しいので、こちらも追加……。

 

これらをSwitch用のキャリーケースにギューギューに詰め込んで……旅行へ出発っと!

 

 

本体398g+ドッグ327g+スピーカー258g+タップ225g+ケース682g+α=約2kgくらい。

 

On-Lap 1306H 本体は、ダイソーのA4クッションケースには入りませんでした。

 

 

ので、古いノートPC用のバックで何とか代用しました。

 

 

専用のいいバッグないかなぁ~。

 

 

 

2-2. 浜松旅行に行ったよ

 

後は旅先を楽しむべし!楽しむべし! 

 

 

リュックに Nintendo Switch のバッグと、On-Lap 1306H の入ったPCバッグ、後は着替えやらを入れていきました。Nintendo Switch と On-Lap 1306H で3kgくらいでしょうか。激重ではありませんが、ノートPCや一眼レフカメラをさらに持っていくなら、車の方が嬉しいかも。

 

荷物を先にホテルに置いておける場合は、問題ないと思います。

 

 

2-3. ホテルで遊ぼう! 

 

一日中観光&食事を楽しんだら、ホテルでマッタリ、ゲームです(*´▽`*)

 

Switchを普通に一人でプレイする《携帯モード》はこうなりますが……。

 

 

複数人でプレイする《テーブルモード》の場合はこうします。

 

 

うーん、やっぱり画面が小さい;;

目がショボショボします……。

で、On-Lap 1306H を利用してこうするわけです。

 

 

広い!見やすい!綺麗!

旅行中に一式を背負ったままだったのは、少々重かったですが、やっぱり大きい方がいいですね。

 

ベット上でゲームして疲れたら、こう寝落ちても問題ない……。

 

 

まあ、寝ているうちに落として壊したら嫌なので片づけましたけどw

 

 

 

2-4. ディスプレイが必要な、他のゲーム機にもいいかも

 

今回は、旅先に Nintendo Switch を持っていきましたが、実は 他のゲーム機の方が持ち運びも楽に、気軽に持ち出せそう です。

 

例えばミニファミコン。コントローラーを含めて約229g。

 

レトロフリークも軽いです。

 

 

これはコントローラーを1つしか載せてませんが、2つあっても300g前後だと思います。

プラス、On-Lap 1306H が1kg弱。全部合わせても、今回持っていった一式の半分以下になります。

 

Nintendo Switchはもともとディスプレイがあるので、外付けモニターがなくても何とかなるし、最悪はテーブルモードでプレイすればいいのです。(広い方がプレイしやすいですが)

 

《ディスプレイが必須だが、持ち運びは軽い「据え置き型ゲーム機」を旅先で遊ぶ》のに、On-Lap 1306H が最適です。 荷物にもなりにくいし、ホテルのTVに繋げられなくても、On-Lap 1306H に繋げれば遊ぶことが可能。電源が必要なので、その部分さえクリアできれば、On-Lap 1306H があればどこでも気軽に遊べるようになりますね。

 

 

更新: 2019/11/12
GeChic モバイルモニター「On-Lap 1306H」に「Type-C Video+Type-A Power Cable」を組み合わせて活用してみよう!! PREMIUM REVIEW

スマホ動画を、大画面で気軽に楽しめる!…ハズ

さて、今回のレビュー品には、普段は別売りである「Type-C Video+Type-A Power Cable」が、おまけとして付属しています。これを利用すれば、「スマートフォンからType-C経由で映像を入力しつつ、USBモバイルバッテリーからOn-Lap 1306Hに電源供給を行うことができる」のだそうです。

 

 

ではお試ししてみましょう~!

 

 

  スマホを On-Lap 1306H に大画面で写す!


 

 

1. まずは接続

 

私が今利用しているスマホは、昨年夏から絶賛利用中のこちら。

 

Zenfone5です。月1000円換算で減価償却するつもりで利用しているので、あと2年と9か月はこれを使い続ける予定、なのです。

 

「Type-C Video+Type-A Power Cable」で、On-Lap 1306HとZenFone5、モバイルバッテリーをつなぎます。

 

 

順番としては、(1)スマホ (2)On-Lap 1306H (3)モバイルバッテリーです。順序が違うと、画像がモニターに送信されないとのこと。

 

あれ?……映らないですね。

 

 

製品仕様をもう一度よく読むと、

USB Type-Cによる映像入力には、ノートパソコン・スマートフォンなどの出力機器側がType-C(DP Alt Mode)に対応している必要があります

とのこと。

 

ありゃ? USB Type-Cだったら全部使える…というわけではないみたい?

良くわかっていなかったので、DP Alt Modeについて調べ直してみました。

 


 

DisplayPort Alt Modeとは?
USB Type-Cコネクタで、DisplayPortを利用できる拡張仕様のこと。
「DisplayPort Alternate Mode(Alt Mode)」。
この規格に準拠したUSB 3.1に対応するデバイスとケーブルを使うことで、4K解像度や、それ以上のDisplayPort信号とUSB 3.1のデータ信号、および電力を1本のケーブルでやり取りできる。

 


 

……のだそうです。

当たり前のことですが、ケーブルがAlt Modeに対応していても、本体に出力信号を出す仕組みが搭載されていないと、映像出力できません。

私のスマートフォン「Zenfone5」は、そのAlt Modeには対応していない模様。

 

この辺りは、シュウジマブログさんのこの解説がわかりやすかったです。

→ USB Type-Cの機能やオルタネートモードを「わかりやすく」解説してみる

 (シュウジマブログ)

 

Alt Modeに対応している機種は、2019年になってから随分増えてきたようで、Galaxy S9+(SC-03K、SCV39)、Galaxy S9(SC-02K、SCV38)、Huawei P20は Alt Mode が使えるみたいです。

 

また、On-Lap 1306H発売元のGeChic社の特別コラムでは、以下の機種がAlt Modeに対応しているとのこと。 

→ AndroidスマートフォンのUSB Type-Cポートの隠れた機能!

  アプリ不要、ケーブル1本で映像も音声も外付けモニタへ拡張

  • Samsung……Note 8、Note 9、Note 10/ 10+、S8/ S8+、S9/ S9+、S10e/ S10/ S10+
  • Asus………… ROG Phone (2018)、ROG Phone II (2019)
  • LG ……………G5、G6/ G6+、G7/ G7+、G8、V30/ V30+、V35/ V35+、V40、V50 

  • Oppo…………Reno 10x Zoom /Reno 5G
  • Sony…………Xperia 1
  • Xiaomi………Black Shark 2
  • HTC …………U11/ U11+、U12+、U19e

 

今回調べてみて、次は絶対 Alt Mode 対応のスマホが買いたい! と思ったので、買うとしたらどれを買うかも思案してみました。私は基本、simフリー端末しか使う気がありません。なので、Samsung、Sony、LGはなしかなぁ。SIMロック解除が面倒くさい。

 

2019年11月現在「Asus ROG Phone」で8万~11万前後、「Oppo Reno 10x Zoom」は9~11万前後、「HTC HTC U12+」で9万台。いわゆるハイエンド機種といわれる価格帯のものとなります。

 

そしてASUSスキーなので、この中では「ROG Phone」、「ROG Phone II」しか選択肢がない。そして「ROG Phone II」は国内未発売なので、現状は「ROG Phone」一択、となります。ASUSから出ているモバイルゲーミングスマートフォンです。(……ヤッパリ結局ゲームニ特化シタマシンが最適ナ私デアリマス)

 

格安スマホにもAlt Modeが搭載されていれば、もっといろいろ楽しめるんでしょうが、搭載されているからこその高級機なので仕方ないですね。おとなしくお金を貯めたいと思います。

(買い換えられたら追記レビューしますね! …3年くらい後にはなりそうですが)

 

ただ、Xiaomi(シャオミ)の「Black Shark 2」は5万ほどで買えます。これもゲーミングスマートフォン。ハイエンドばっかり見てたら、5万でも安く感じて揺れてます。11月10~17日までフローズンシルバーは39,800円?! …いやいや、3年は我慢だ…すぐポチリそうになる自分が(´・ω・`)

 

 

 

2. スマホの映像を映せるなら、どう使えるか?

 

私の持っているスマホは、Type-C(DP Alt Mode)に対応していなかったため、映像を On-Lap 1306H に映すことはできませんでした。でももし映せたなら、どういうことができそうかを考えてみました。

 

当たり前の話ですが、ブルーレイ再生機器をOn-Lap 1306Hのデジタル映像入力に取り付けると、ブルーレイを視聴することができます。

 

なので、その「再生機器」と「On-Lap 1306H」、「ミニスピーカー」、「見たいメディア」を合わせて持ち出せば、例えば《キャンプ場での夜に、キャンプに行った皆で動画鑑賞会をする》といったことも物理的には可能です。もちろん、電源という問題をクリアできれば……、ですが。

 

しかしコンパクトなプレイヤーを持っていればよいのですが、ある程度大きくて重さのあるプレイヤーだと持ち運ぶのが面倒くさい。また、BDディスクをいろいろ持っていくのも微妙です。

 

そんな場合に、スマホを利用して、各種動画サービスの動画を On-Lap 1306H に映し出し、鑑賞会をするというのはどうでしょうか。もちろん、「それらの動画が外部出力しても見られるか」を事前に試してみなくてはいけませんが。

 

On-Lap 1306Hなら、Type-Cビデオ+Type-Aパワーケーブルを利用して、モバイルバッテリーからの電源供給が可能なので、電源をどこから取るかという問題も簡単にクリアできます。そしてスマホの動画を再生するだけでよいので、重い再生機器も、BDディスクも必要なくなるのです。

 

スマホ一台、 On-Lap 1306H 一台と、ミニスピーカーさえあれば、どこでも大きな画面で映画鑑賞ができる のであれば、手軽で楽しいと思うのです。

更新: 2019/11/12
総評

何かと組み合わせると、無限に可能性が広がるモバイルディスプレイ

最後にまとめをば。

 

このモバイルディスプレイOn-Lap 1306Hがあるなら、長期旅行の際にPCを扱うのが苦にならないかもしれません。今回の旅は1泊2日だったのと、電車移動だったため、PCは持っていきませんでしたが、やはり1画面なのと2画面なのでは安心感が違います。いつものデュアル環境にないため、実質の作業以外の部分でイライラする可能性……が格段に減る。せっかくの楽しい旅行なのに、そんなことでイライラしていてはもったいないですもんね。ありがたいことです。

 

そして、このOn-Lap 1306Hは、単体で利用するのではなく《何かと組み合わせる》ことで力を発揮する機器です。これだけあれば大丈夫、というものではありません。しかし、HDMI出力ができる電化製品と組み合わせると、ものすごい力を発揮します。そしてその組み合わせは、それこそ無限なのです。

 

カメラに繋げれば、撮った写真を大きく見ることもできそうです。

ゲームは言わずもがな。いろいろな場所で楽しめます。……もちろん、HDMI出力に対応している必要がありますが。

私は持っていませんが、ミニPCやChromecastなんかを繋げても面白そうです。

 

ディスプレイが設置してある場所じゃないと不可能、という制約から解き放たれ、無限の可能性が広がる。

 

……そんなディスプレイでした。これからの楽しみが増えそうです!

 

 

結論:モバイルディスプレイは私には「とっても便利」 でした!

 

やっぱりスマホを買い足す…かな…迷…

更新: 2019/11/12

おまけ1・モバイルバッテリーでゲームプレイ

モバイルバッテリーでのゲームプレイも可能でした。

 

 

「On-Lap 1306H」と、「クラッシックミニ スーパーファミコン」の両方を1つのモバイルバッテリーで賄っています。何分 or 何時間プレイできるかは計ってないのでわかりませんが……。

 

廃プレイする気分になったら、計ってみますね~。

更新: 2019/11/12

おまけ2・利用機材一覧

zigsowに登録していないものもあります。レビューをさぼり気味なので……。

 

PC:NEC Lavie Tab W「TW710/ S2S」

 

スマホ:ASUS ZenFone5「ZE620KL」

 

ゲーム機:Nintendo Switchニンテンドー クラッシックミニ ファミコンニンテンドー クラッシックミニ スーパーファミコンサイバーガジェット レトロフリーク

 

BDプレイヤー:グリーンハウス ブルーレイディスクプレーヤー

 

周辺機器:ダイソー USBミニスピーカー/AC充電器 2口/コード付きタップ 3個口

サンワサプライ モバイルバッテリー

 

 

29人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (8)

  • cybercatさん

    11/12

    これ自分も前の型をレビュー

    させていただいて以来、重宝して使っているのですが、大きさが絶妙に使いやすいですよね。

    横画面置きの場合、端子の位置が左側になってしまうのが、ケーブル長的に厳しいですが(レビューでふじしろ♪さんもそう配置しているように、原則「手本」となるものは左側に来ることが多いと思いますので...)。
  • ふじしろ♪さん

    11/12

    cybercatさん>
    ケーブルの長さがちょっと足りないかな…? という場面は、確かにゼロではありませんよね。
    ただ、今回の用途に関しては、よっぽど足りない……ということはなかったですよー!
    タブレットPCとOn-Lap1306H、ゲーム機とOn-Lap1306H、と、どちらも設置したままではなく《動かすことが可能なもの》だったからかもしれませんが……。
    今あるモバイルじゃないディスプレイに拡張することになると、ちょっと足りないかもしれない……ですね。

    しかしサイズも丁度よくて、画面も綺麗で、いいものを頂きました。
    いろいろなところで活躍しそうです。(そして知らないうちに旦那に取られそうです……;;)
  • mickeyさん

    11/12

    モバイルディスプレイ、あると便利ですね。
    以前、寝室にTVが無かったのですが、13インチ
    のモバイルディスプレイを使ってPS4のPSO2とか
    やっていました(^^)
    スティックPCを接続すれば、そのままPCになり
    ますし便利なガジェットですね。
他5件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから