レビューメディア「ジグソー」

提督業にはVenue8Pro、まさしく艦これの為のタブレット

Atomがこんなに速くなるとは、、、、これはもう艦これするしかない。

24時間深海棲艦と戦うすべての提督へ、これはオススメですぞ!


 

今回ご紹介するVenue8Proタブレットの特徴ですが、

新型ATOM Atom Z3740Dを搭載してます。

前評判通り、前世代の倍以上の速度アップは伊達じゃないですね。

比較したAtom Z2760とは雷撃隊の飛行速度や魚雷の巡航速度が全く違います。

(ただちょっとDisk周りが貧弱なようですが、、)

なんだか艦これだけに使うには勿体ない気もしますが、

そんなVenue8Proの魅力をちょっとでもご紹介できるよう頑張ります。

 

 

更新: 2014/05/03
Windows 8.1 搭載 8インチタブレットの仕事使いおよび普段使いにおける活用術とその魅力や利便性 PREMIUM REVIEW

SIMフリーはスパシーバ。他社も採用してほしい。

仕事、、、、仕事は提督業です(キリッ
と言いたいところですが、PCや電話をバリバリ使う仕事してます。><

とはいえ社長や自営業ならともかく、社会人提督(サラリマン)はなかなか自分のPCで仕事と言う訳にもいかないです。まして会社のPCで艦これなんて

そんなとき通勤のちょっとした空き時間に遠征に出せるのが、SIMフリーの魅力。

今まではIconia W3-810とLG L-09Cを持ち歩いて居ましたが、、、

W810 Venue8Pro

8インチとはいえ500gのW3-810と156gのL-09C(Xiルータ)は結構カバンの負荷になります。

同等製品で唯一SIMフリーモデルが購入できる上に400gをちょっと切っているVenue8Proは最軽量こそライバルの350g機レノボMiix8 2に譲りますが、モバイル用途では負けません。

大型建造で資源がヤバい提督も空いた時間に回せます。ただ、艦これは通信量がかなり大きいので契約プランには気を付けてくださいね。


 私は日本通信のスマホ電話SIMを使ってますが、ターボチャージは割高なので、来月から3GBオプション契約にしました。 このSIMを挿すとdocomoのネットワーク設定が選択されますが、そのままでは繋がらないので、カスタムを選んで日本通信向けの設定をします。

 

これだけで、もうスマホみたいに外でもWindows が使えます。これ一台持ってればどこでも鎮守府ですね。惜しむらくはLTE非対応なので、自宅ほど快適ではない事ですかね。

 


 

またSIMフリー版はGPSにも対応していますので、外出中ケータイの小さい地図と格闘しなくてよいのも便利です。

ただ、ON/OFFが機内モードにあるので見つけづらい。


 

さて、SIMフリーモデル独自機能を紹介しましたので、次は実際に使ってみましょう。

艦これ in ゆりかもめ(この液晶、日光下でも見やすい)

残念ながら旧型車両でしたが、旧型の方がシートレイアウトが面白いので良し。海沿いは電波が悪く忍耐が求められます。遠征3艦隊再出撃と演習4戦で50Mbyte近くを消費。SIMの契約次第ですが、私の場合月3Gbyte契約なんで、ちょうどいいぐらいですね。

ちなみに演習には中破してもあまり恥ずかしくない艦娘で向かった方が良いです。

山城とか駄目ゼッタイ(経験談

更新: 2014/05/03
Windows 8.1 搭載 8インチタブレットの周辺機器やアクセサリーとの組み合わせ PREMIUM REVIEW

端子が無ければ無線を使えばいいじゃない!

8インチタブの拡張と言えば、、、bluetooth

なにせVenue8ProにはMicroHDMI端子どころかACアダプタ入力端子すらついてません。

MicroSDスロット(64GB対応)と充電兼用のMicroUSB端子のみです。

 

専用のACアダプタは故障が怖いので、2.1A必要ですがMicroUSBで充電できる仕様はありがたいです、、、、って充電中はUSB使えないのか(驚愕の当り前事実


 

手始めにマウス系。用意したのはエレコムとバッファローのマウス。

ともに秋葉原で1000円で購入したものです。こなれた商品の為か動作には全く問題なし。

尚、このテストの前に6000円もするMicrosoftのウエッジマウスが机から落ちて死亡。

ちょっと泣いた。(放置1年、開封1週間の命でした)

 

他に入力デバイスとしてvenue8にはオプションでアクティブスタイラス(専用ペン)があるのだが、品薄で手に入らなかった。ビック店員に聞いたところ専用キーボードは比較的早く来そうだがスタイラスはお察しとのこと。amazonに注文したがいつ届くのやら、、、


 

続いて音楽系

新型ウォークマンM505はマルチポイント対応なので、複数のPCやスマホとペアリングできる。ペアリング先がapt-x対応なら音質もばっちりなのだが、apt-xが動いているかどうか調べ方忘れた模様。

聞いた感じでは音質はまずまず。

続いてRTSH109、折り畳み式のヘッドホンなんだが、これが相性発生。

動画再生がコマ送りになり使い物にならない。まぁサンコーだから仕方ない。


ロジテック LBTHP-110C2は問題なし。コンパクトでUSB充電。音も聴けるレベルで軽くて邪魔にならず、タブレットで艦これと相性はいいが、充電が専用USB端子なのがいただけない。

あと耐久性にものすごく難があって4台目だったりする。プギャー


 

iBowはアキバで2000円ぐらいで投げ売りされてる、キーボード兼サウンドアダプタ、携帯とペアリングすれば通話もできる。ただVenue8との相性が悪いのか、音がひどい。キーボードとしては無いよりマシと言いたいところだが、venue8の縦持ちは比較的入力しやすく、無い方がましという悲しい結果に。

(追記 音は2極のヘッドホンならまともでした。リモコン対応とか繋いじゃダメ)


 

PA-BK07は色々な名前で売られてる中華製折り畳みキーボード。Apple向けの製品だが動作に問題はない。ペニョペニョキーのくせに175gもあって重いのが難点。だが今のところ持ち歩くのはコイツ 


LogicoolのK811はMac向けだが英語キーが気に入って購入。デカいので持ち運ぼうとは思わないが、3台までペアリングできるので狭い机では重宝する。タブレットの母艦としてるPCと兼用なら良い買い物。上部のメディアキーもきちんと動くし。


 

おっと、大切なワイヤレス・ディスプレイ アダプター ScreenBeam Proの紹介を忘れていた。

 

ワイヤレス・ディスプレイ アダプター ScreenBeam ProはHDMI端子が無くても無線で外部ディスプレイが使えるMiracastに対応。映像をH264で圧縮して無線LANを使って直接転送してるようで、冒頭の動画でも試した通り新世代ATOMのQSVの性能がすごいのか、滑らかに再生できた。i5の赤NUCでも明らかに遅れるので、にわかに信じがたい性能向上です。

ただ、youtubeみたいにダウンロードしながら再生はちょっと重い。

なおタブレット側のintelドライバは出荷状態ではクローンディスプレイが出来ないバグのあるドライバなので、Dellのサイトから更新が必要。

これを落とすと直る。


一通りワイヤレス機器を紹介したので、

ここからはワイヤードな周辺機器、まずは冒頭でも述べた重要な純正品以外の充電に関して

Venue8Pro付属の充電ケーブルはアダプタとセットのMicroUSBです。

2.1A必要そうなので、それぐらいでる奴を試してみました。

P-Oneとかいうブランドの合計2Aでる奴。浜田電気で購入。まるで反応しなかった。

イオシス系のお店で売ってるマックもどき2.1A。反応せず。ナンデ?

上海問屋の1ポートだけ2.1Aの奴。アイエエエ!これも撃沈。

どうも調べるとDellの充電器はスマホ充電ケーブルのように内部が結線されてるとのこと。

普通の充電器の場合、初代エクスぺリア用の充電ケーブルみたいなやつが必要ってことですね。

発注してきますー ><

追記 1/29

一番ぶっといの買ってきた。充電ケーブルは損失を考えると短い方が好ましいが長い方が充電しながら使える利点もあり悩ましいところ。

そ ん な モ バ イ ル 提 督 に 欠 か せ な い の が オ ウ ル テ ッ ク 社 の 充 電 ケ ー ブ ル

2.4Aの大電流に対応し、2.5mと絶妙な長さ。損失を抑えるために太く、取り回しを考えて柔らかい完璧なケーブル。艦これ中でも提督のVenue8Proを急速充電してくれます。

もちろん上記のすべての充電器で使えました。


 さて、次はUSBの話題。

Venue8Proは最廉価マシンであるがゆえに、他社のマシンにには入ってる場合もあるホストアダプタが付属してなかったりします。USBのドライブってたまに必要になりますよね。

アキバで300円で買ったものとamazonで人気の1000円ぐらいの奴二種類を試してみました。

どっちもホストケーブルの動作には問題ないです。ぐすっ ><


 おや、あまたりん鎮守府にケースが届いたようです。

ワイザーズのケースですが、金属の受け部分(磁石内蔵)がほんの少し画面より高いのでパチンと締めても大丈夫。気になる方はついて来たフィルムも張ればより万全ですね。

出来立てなのか、開封時に接着剤の匂いがしましたが、しばらくして消えました。

それなりの質感ですが薄いのが良いですね。あとはペンホルダーがあれば良かったのになぁ。


 

デジタイザを早く試したいのですが、旧正月でペンを作ってくれないのでしょうか><

3か月待った結果がこれだよ

うーむ、使いづらい

更新: 2014/05/03
レビュー対象製品 を一言で表すキャッチコピー PREMIUM REVIEW

今度のATOMは意外と何でもできる!

(左からW3-810 Venue8Pro Miix10)

windows タブレットは通算4台目になりますが、予想以上の進化に驚いています。

艦これに最適ですが、艦これだけではもったいない出来です。ATOM特有のもっさり感が消えて、キビキビ動くVenue8をみてるとCoreシリーズが売れなくなるんじゃないかと心配です。

もっと心配なのは旧ATOMのタブレットですけど。

以上、あまたりんのVenue8Proレビューでした。


第2版 Miracastの動画を追加 

第3版 充電器に関する記載を追加

第4版 ホストアダプタに関する動画を追加

第5版 ベンチマーク追加 遺影追加

第6版 防滴ケース、薄型ケースを追加

第7版 専用デジタイザを追記