レビューメディア「ジグソー」

質量330gの電子書籍リーダーは無線LANでネットもできる!

この度は株式会社東芝 デジタルプロダクツ&サービス社の
電子書籍端末「Book Place DB50」のレビュアーに選出いただき
zigsow様及び提供の株式会社東芝 デジタルプロダクツ&サービス社様ほか
関係各社様に厚く御礼申し上げます。

2012年1月26日に新製品として発表される電子書籍端末「Book Place DB50」の
魅力について少しでもお読みいただいた方に伝われば幸いです。

以下本文です。

製品仕様
製品仕様

型番:Book Place DB50
OS:Android 2.3.4
ディスプレイサイズ:7.0型ワイド WSVGA TFTカラー LED液晶 タッチパネル対応
入力装置:静電容量式タッチパネル、各種ワンタッチボタン
全体の大きさ:120mm(横)×190mm(縦)×11mm(奥行とか厚さとか)
質量:330g
インターフェース:microSDカードスロット(microSDHC対応)、micro USB2.0、ヘッドフォン端子
通信規格:IEEE802.11b/g/n準拠(Wi-Fi準拠、WPA/WPA2、WEP、AES、TKIP対応)
       Bluetooth Specification Ver.2.1+EDR準拠
センサー:加速度センサー
内蔵記憶容量:8GB ※小説なら6000冊相当、マンガなら150冊相当
             ※microSDHCカード(最大32GB)への記録も可能、別売
バッテリー:リチウムイオンバッテリー 駆動時間 約7.5時間 充電時間 約4.5時間(電源OFF時)
特典:ブックプレイス(電子書籍ストア)専用ポイント、5000ポイント付き。1ポイント=1円換算


厚さ1センチちょい、重さ文庫本2冊分、駆動時間7.5時間という
スマートでシンプルで直感的に使える電子書籍リーダー……のはずですが
製品仕様だけ見るとただの高性能タブレットです(笑)
電子書籍ストアで使えるポイントがあらかじめ5000ポイント付いてるのはいいですね。
せっかくの電子書籍リーダーです、電子書籍買わなくてどうするの(笑)
5000ポイントぶん実際に試してみてイイカンジだったら
どんどん使ってね! っていう意気込みを感じます(*´▽`*)


フォトレビュー
フォトレビュー

製品の写真をずらずらと並べます。
Book Place DB50 外箱
Book Place DB50 外箱

DB50 内容物一覧
DB50 内容物一覧

手持ちのガジェットとの比較写真
手持ちのガジェットとの比較写真

DB50 外観イメージ写真その1
DB50 外観イメージ写真その1

DB50 外観イメージ写真その2
DB50 外観イメージ写真その2

充電時の画面表示。表示はすぐ消える。
充電時の画面表示。表示はすぐ消える。


スマートでシンプルで直感的に使える電子書籍リーダー……のはずですが
写真だけ見るとただの高性能タブレットです(笑)
無線LANの設定や時刻の設定、会員登録などを済ませて
電子書籍リーダーとして使ってみましょう(*´▽`*)


セットアップ
セットアップ

電子書籍のダウンロードには無線LANが、電子書籍ストアの使用には正しい時刻設定が、
電子書籍ストアでの購入には会員登録が必要です。
セットアップはお持ちの無線LAN機器によってはとっても簡単です。


※初回起動時には使用許諾契約が表示されますので、内容をご確認のうえ
 使用許諾契約に同意してください。

■日時の設定
初回起動時、使用許諾契約に同意すると、日時の設定画面に変移します。
日時が合ってればそのまま[次へ]をタップ、ずれてる場合には
適切な日時に修正してから[次へ]をタップします。
※日時が正しくないと電子書籍ストアが利用できません。


■無線LAN の設定
使用している無線LAN 機器(ルーターやアクセスポイント)が
WPS に対応してれば、設定はとっても簡単です。
我が家の無線ルーターはバッファローのWZR-AGL300NH ですが
たったの4ステップだけで無線設定が完了しました(*´▽`*)b

自動設定(WPS)の「開始」をタップ
自動設定(WPS)の「開始」をタップ

無線ルータのWPSのボタンを長押しする
無線ルータのWPSのボタンを長押しする

WPS Setting が終わるのを約2分待つ
WPS Setting が終わるのを約2分待つ

無線通信のアイコンが表示されれば設定完了
無線通信のアイコンが表示されれば設定完了

ちなみに画面上では特に設定に成功したとかそういうメッセージが
表示されませんので若干わかりにくいです。
アイコンで判断してくださいね。


□できれば電子書籍用のメールアドレスを取得しておく
普段使ってるパソコン用のメールアドレスで会員登録できるんですが
大量に電子書籍を購入する気があるなら、電子書籍用のメールアドレスを
別途用意しておいたほうがいいかもしれません。
Hotmail や、Yahoo! メールなどのフリーメールでもいいですし
契約しているプロバイダさんにもう一個メールアドレスを発行してもらっても
いいですね。
それほど頻繁に電子書籍は購入しないよって人は、普段パソコンで使ってる
メールアドレスでOKです。


■Book Place(ブックプレイス)の会員登録をする
[今すぐ無料会員登録をする]をタップして
画面の指示に従って個人情報を入力します。
何気にソフトウェアキーボードがタップしやすいです。
「@」マークは数字入力モードにすれば出てきます。
個人情報やら、パスワードやらを入力したら
[入力内容を確認する]をタップします。
入力情報の確認を行ったら「登録」をタップ
入力情報の確認を行ったら「登録」をタップ



以上で最低限必要な設定完了です。
必要に応じてこの端末でもメールが送受信できるように設定してください。
基本的にメールを受信してもサーバーから削除しない設定になってるので
普段使われているメールアドレスを登録していても大丈夫です。


実際に小説や漫画を読んでみた
実際に小説や漫画を読んでみた

準備が完了したので早速電子書籍をいくつか購入してみることにします。
ストアにある電子書籍の種類は
・マンガ
・書籍
・写真集
・雑誌
の4種類。
そうですそうです、一昔前の某社が出してた電子書籍リーダーだと
白黒だったのと書籍&マンガしか扱ってなかったのが
フルカラーになったので、写真集や雑誌まで読めるようです(*´▽`*)
時代がようやく追い付いてきたか!?(笑)

登録されている電子書籍の数もかなり多く、比較的新しい本も並んでいました。
実際に購入できる電子書籍のストアは、パソコンでも見ることができますので
この製品の購入をご検討されてる方は、まずストアの充実っぷりを確認してから
検討してみてください。
製品購入したけど、買いたい本がなかったとかじゃ本末転倒ですからね(苦笑)

トータル電子書籍ストア「Book Live」
講談社の漫画が目立ちますが、他にも色々な出版社が参加しています。
※この電子書籍リーダーで購入した書籍は購入履歴が書籍サイトに保存されるので
 他2台の端末まで閲覧する事が可能です。
※対応端末はPC、Android、iOS、WindowsPhone7.5(WP7.5はマンガのみ)
 専用アプリのインストールが必要です。


■電子書籍購入の流れ
1.読みたい電子書籍を選び、[購入]ボタンをタップ
2.会員パスワードを入力
3.購入の内容(書籍名や価格、支払方法等)を確認して[購入]ボタンをタップ
4.購入完了の画面が表示されたら[作品をダウンロード]をタップ
5.本体下部にある[HOME]ボタンを押して、本棚画面に戻ると
 購入した電子書籍が並びます
6.書籍の表紙が半透明に表示されているのでそれをタップして
 電子書籍ファイルをダウンロードします
 (ダウンロードしきるまでは読めない&うちは回線が細いからなかなかDL終わらない(笑))

※ページ数の多い漫画は容量が多いので、回線が細いとDLに時間がかかる(涙)
※ページ数が多くてもテキストベースの小説(空の境界など)は容量が少ないので
 DLが早いです(笑)


■実際に購入した書籍一覧
・カードキャプターさくら 1巻(マンガ)※オススメ! カラー原稿(*´д`*)ハァハァ
・ゴッドハンド輝 1巻(マンガ)
・魔法少女プリティ・ベル 1巻(マンガ)※オススメ! 斬新なギャグ漫画(笑)
・空の境界(上)(書籍)
・女子栄養大学の学生食堂(書籍)
・紅茶の基本(書籍)
・ねこは行く(写真集)
・まちねこ写真集 東京 vol.1(写真集)※オススメ! カラーヌコ写真(*´д`*)ハァハァ
・まちねこ写真集 竹富島 vol.1(写真集)※オススメ! カラーヌコ写真(*´д`*)ハァハァ
・おとなの週末 2012年2月号(雑誌)
(2012/02/08追記)
・スティーブ・ジョブズ I
・ 今、知っておきたい日本茶の基本
・ 魔法少女プリティ☆ベル 2巻
・ 魔法少女プリティ☆ベル 3巻
・ 空の境界(下)
・ 空の境界(中)

購入後のホーム(本棚)画面
購入後のホーム(本棚)画面


マンガのほうは正直ブックオフとかで格安で買える気がしないでもないんですが
とにかく荷物を増やしたくないので(本はかさばる上に重い)
ちょっと割高だなと思ってても買ってしまいました(笑)
あと気になってるのは、スティーブジョブズ II ですかね。
最近出たばかりの書籍ですし、これも分厚くてかさばるんで
できれば電子書籍で入手したいところです。
(ちょっとお値段がお高めなので、キープリストに登録しておいて、
 後でお小遣いができたら買おうかと思います)

※キープリストとは、Amazon で言う「ほしい物リスト」や、zigsowでいう「気になるもの」
 のようなものです。
※キープリストから直接カートに入れたり、購入手続きをすることも可能です。


いやあ、お布団に入りながら片手でページめくりしつつ
マンガやら小説(空の境界 上)とか読みましたが
片手で操作できるうえに、(左手の親指で画面左端をタッチするだけでページめくる)
330gと重くないのでうっかり3冊一気に読んでしまいましたよ。
空の境界 の続き読みたい・・・(*´д`*)ハァハァ
※上・中・下と3巻構成です。


■ポイントの追加購入
電子書籍はクレジットカードでも直接購入できるのですが
あらかじめポイントを購入することによりオマケポイントが付与されるのでお得です。
(例:5000ptで+300pt)
また、クレジットカードを所有していない人でも、WebMoney やBitCash(ビットキャッシュ)で
ポイントを購入することができるので、電子マネーでポイントを購入し、電子書籍を
購入することが可能になります。
※ただし、ポイント購入月の5か月後末日までが利用期限になるので
 ご購入は計画的にね!(笑)


インターネットでホームページを見てみた
インターネットでホームページを見てみた

せっかく無線LANとインターネットにつながっているんです。
ブラウザアプリもあるようですし、いくつかのホームページを見てみました。

物欲SNS zigsow の閲覧・書き込みができました。
物欲SNS zigsow の閲覧・書き込みができました。


Yahoo! Japan ニュース記事など問題なく参照できました。
Yahoo! Japan ニュース記事など問題なく参照できました。


Google モバイルページが表示されますが、問題なく動作しました。
Google モバイルページが表示されますが、問題なく動作しました。


Youtube スマートフォン用サイトが表示されますが、問題なく動画再生ができました。
Youtube スマートフォン用サイトが表示されますが、問題なく動画再生ができました。


ニコニコ動画 ログインは出来ますが動画の再生などはできませんでした。
ニコニコ動画 ログインは出来ますが動画の再生などはできませんでした。



動画共有サイトの閲覧には難があるものの、一般的なホームページのたぐいは
問題なく見られました。
自宅の無線LAN に限らずフリースポットなどでも当然使えますので
外出先でニュースサイトを閲覧したりするぶんにはスマホよりも見やすく
iPad よりは小さいので持ち運びしやすく便利ですね。


卓上に置いて使ってみた
卓上に置いて使ってみた

電子書籍リーダーではありますが、ちょっとしたアプリも入ってるので
電卓や時計などを使ってみました。
立てかけるのに使ったスタンドはこちらです(2012/01/28 追記)



電卓。誤タッチもなく、快適動作。
電卓。誤タッチもなく、快適動作。

時計アプリ。画像ビューアやミュージックプレイヤー、アラームも兼ねる。
時計アプリ。画像ビューアやミュージックプレイヤー、アラームも兼ねる。


なかなかスムーズに動作します。

microSD カードに音楽(AAC LC、MP3、MIDI)や
画像(JPEG、PNG、GIF、BMP)、動画(H.263、MPEG4、H.264)などが
記録されていれば、時計アプリで再生することもできるそうです。
手持ちにmicroSD カードがなかったので残念ながらこちらは現段階では
検証することができませんでした。
microSDHC カードを注文してあるので、到着し次第こちらも
動作確認してみたいと思います。

2012/02/09 追記
microSDHC カード(32GB)が届いたので検証しました。
パソコンに保存しておいたMP3ファイル(音楽ファイル)と
MPEG4ファイル(動画ファイル)と
JPEGファイル(画像ファイル)と
PDFファイル(文書ファイル)をそれぞれフォルダーを作り
その中にそれぞれファイルを入れて
電子書籍リーダーのmicroSDカードスロットに挿入。
結構奥まで差し込みます。

きちんとSDカードが認識されると
自動で本棚にPDFファイルが並びました。
PDFファイルはファイル名で並ぶため、ファイル名がわかりにくいと
読むの大変ですのでお気をつけて(笑)
今回保存したPDFファイルはネコカメパート2で作成したスライドショーのPDFと
厚生労働省が配布している「「日本人の食事摂取基準」(2010年版)」のPDFです。
「日本人の食事摂取基準」(2010年版)そのものは内容そのままで
書籍化されて販売もされているんですが、PDFで落とし込めれば
タダで読めてしまうのでこれは嬉しいです(笑)
そのかわり、電子書籍ストアで買ってきた小説のようにはキレイに行間が
あいているわけではないので、人によっては読みにくいと思うかもしれません。

動画ファイルと画像ファイルは”ビューアー”と書いてあるアプリで
閲覧することができました。
保存した容量が少なかったのでなんともいえないところではありますが
14枚程度の写真を見てみたところサクサク動作しました。
画質もキレイです。
動画のほうはMPEG4(H.264形式)のプチハイビジョンでしたので
カクツキなど心配していましたが、こちらもスムーズに再生しました。
画質も7インチの画面でH.264 ならこんなもんだろうという画質でしたので
十分だと思います。

音楽ファイルだけは、時計アプリで再生することになりました。
音質については・・・自分はそこまでいい耳をもってるわけじゃないので
なんとも言えませんけど、悪くはなかったです。
再生中は、本体上部のボリュームボタンで音量を変えられるので
室内では適切な音量で、室外ではイヤフォンなどを使って聴いたほうが
いいかもしれないですね。
お気に入りのクラシックを流しながら読書とかカッコイイですよね(自己満足的に(笑))


良かったところ悪かったところ
良かったところ悪かったところ

■悪かったところ
 ・文字入力の際に過去に入力した文字列を学習してほしかった
 ・BookPlaceストアにログインした状態にも関わらず、電子書籍購入の際、
  いちいちパスワードを求められて面倒くさい(BookLive の仕様だと思われる)
 ・4万冊以上のラインナップがあるが、読みたい書籍がまだまだ少ないので、
  さらなる充実に期待したい。
 ・ときどきページの読み込みが不安定になることがある。
 ・Flash Player が入っていないので、ニコニコ動画など一部のサイトで
  閲覧に支障がでる。
 ・動画の対応フォーマットにMPEG2 やAVCHD がないので、PC等で
  MPEG4にエンコードしないと動画再生ができない。
 ・フルカラー雑誌の描画に時間がかかるのか、ページめくりがもたつく時がある。


■良かったところ
 ・文字入力が非常に快適。誤タッチがほとんどなくイライラしない。
 ・出版社にもよるけど、比較的新しい電子書籍や、週刊誌の最新刊が入手できる。
 ・フルカラーの電子書籍が快適に見れる
 ・フリック入力のほか、画面の端をタップするだけでページめくりできるので
  両手を使わなくて良いのが思いのほか楽ちん
 ・読み上げ機能が思ったよりも普通に発音していて違和感なく聞ける。
 ・購入した電子書籍はこの端末以外にPCでも読むことができるので
  大画面で見たい時にありがたい。(写真集など)
 ・紙のコミックスだと本来カラーだった原稿がグレー印刷なのに対して
  電子書籍の場合、カラーのまま表示される(*´д`*)ハァハァ
 ・音楽ファイルがMP3に対応しているのでちょっとした音楽プレーヤーとしても
  手軽に楽しめる。
 ・PDFファイルが本棚にも並んでくれる


電子書籍リーダーBook Place DB50のまとめ
電子書籍リーダーBook Place DB50のまとめ

電子書籍リーダーというだけあって、電子書籍を読むために特化した
アプリ構成になってます。
ニコニコ動画は見れませんでしたが、Youtube は見られますし
動画共有サイトでなければ普通のサイトは見られるので
ちょっとしたインターネット端末としても活躍してくれるのがありがたいですね。
メールも送受信できますし(*´▽`*)
タッチパネルも静電容量方式なので割とスムーズに動きますし
ページめくりも楽ちんです。
フルカラー液晶というのもポイント高いです!
写真集や、コミックスなどが色あせることなく再現されるので
思わず猫の写真集を3つも購入してしまいましたよ!(笑)
週刊雑誌などは定期購読もできますし、最新刊が購入できるので
「電子書籍=古い書籍」という概念が払拭されました。
今後の著増量に期待が膨らむ端末です。


更新履歴:2012/01/28 「卓上に置いて使ってみた」にもちものを追記
       2012/01/29「実際に小説や漫画を読んでみた」に他対応端末について追記
              「良かったところ悪かったところ」にコミックスのカラー原稿について追記
       2012/02/05「良かったところ悪かったところ」の悪かったところを追記
       2012/02/08「実際に小説や漫画を読んでみた」の”実際に購入した書籍”を追記
       2012/02/09「実際に小説や漫画を読んでみた」の”実際に購入した書籍”を修正
               「卓上に置いて使ってみた」に音楽画像動画PDFファイルについて追記
               「良かったところ悪かったところ」に追記
       2012/02/10”「日本人の食事摂取基準」(2010年版)”のPDF配布ページへの
              リンクを追加。厚生労働省のHPへ。

























……書籍リーダーが我が家にやってきてからかれこれ2週間ちょっと。
定位置は布団の横。
寝る前は書籍を読んだりネットを見たり
起きた時は時計を見たりとすっかり我が家の一員となっています。  終わり。

コメント (54)

  • なつめぐさん

    2012/01/26

    もうひとりのし~くれった~(こんな言葉あるのか(ww
    はリーダーさまでしたか^^
    忙しいはずですね(・・;;

    レビューお疲れ様でした^^
    読みごたえのあるレビューでした。

    私の場合古い書籍の始末に困っていたので
    こういったもので復刻されれば
    廃棄できるかなとも思ってます。
  • 愛生さん

    2012/01/26

    レビューお疲れ様です!

    って、シークレットミッション2回連続選出ですかwww

    リーダーだけに、リーダー・・・なるほど。
    結構、長文なので、後で読みます(マテ
  • リーダーさん

    2012/01/26

    なつめぐさんコメントありがとうございます。

    書籍だけですごい量があるんで
    それが全部電子化できたら軽くていいですよねw
    うちもマガジンのコミックス、魔法先生ねぎま!が全巻あるんですけど
    あれだけですごい重さ・・・w
他51件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ほかのユーザーのレビュー

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから