レビューメディア「ジグソー」

初期投資の敷居は少し高いが、ほぼランニングコスト無用のホームセキュリティカメラ

 

今回お送りするプレミアムレビューは、「Arlo Pro2」です。

始めに、ネットワークの不具合により、公開が遅れたことをお詫び申し上げます。

この製品は、カメラが2台とベースステーションという構成になっています。

付属品の数々です。

レビューの中でそれらに触れていきますので、ここでは説明を割愛します。

カメラは非常にコンパクトで、手乗り文鳥のようです。

従来品ではHD撮影の対応でしたが、Arlo Pro 2カメラはフルHD撮影ができます。

この製品の最大の特徴と言ってもいいでしょう。

バッテリーで動作をします。

ベースステーションの背面パネルになります。

LANポートは、既存のルーターやアクセスポイントと繋ぎます。

USBポートは、録画されたファイルをローカルで保存するための外部デバイス用になります。

設置は先ほども述べましたが、既存のルーターやアクセスポイントに接続するだけです。

今回は、以前レビューさせていただいたNETGEARのorbiに繋ぎました。

 

同じ白い筐体同士で、マッチングは最高です。

この後は、接続設定が必要になります。

まず始めに、ベースステーションと既存のネットワークとの接続設定です。

設定には、ブラウザの他に、iOSとAndroid用のアプリが公開されています。

今回はiOS用のアプリを、iPhone XS Maxで使いました。

セットアップの仕方は1つの画像にまとめさせていただきました。

arloのアカウントと作成する必要はありますが、非常にわかりやすく、ネットワークに詳しくない方でも、簡単にセットアップできると思いました。

とても秀逸なアプリです。

これで既存のネットワークとベースステーションとの接続は完了です。

今回の製品では、録画されたファイルはクラウドに保存されます。ホームユーザー向け、ビジネスユーザー向けのサブスクリプションを用意しています。

無料でも、カメラは5台まで追加でき、クラウドの保存期間は1週間あります。

ちなみに、ベースステーションへUSBドライブを接続した場合は、自動で撮影されたファイルだけがローカルドライブに保存されます。手動で撮影されたファイルのみがクラウドへ保存されます。

またファイル形式もMP4なので、15秒ほどの動画なら2MBとコンパクトです。これなら、手持ちの1TB程度のUSBドライブを使っても良いかもしれません。

 

次にカメラとベースステーションとの接続に移ります。

カメラとベースステーションとの接続設定も、非常に簡単に行えました。

今回の場合はカメラが2台なので、同じ操作を2回行います。

これですべての接続設定は完了しました。

ベースステーションのLEDランプの3つは、すべて緑色に点灯または点滅になります。真ん中のランプはネットワークアクセスがあると、点滅を行います。

これでとりあえずは使えるようになりました。

余談になりますが、このベースステーションは2.4Ghzのアクセスポイントとして動作をしています。しかしながらこのベースステーションへは、ブラウザでローカルIPを打ち込んでもアクセスできません。よってパスワードがわからないので、arloデバイス以外からはアクセスできないので、arlo専用ということでしょう。 

室内でセットアップを行ったので、室内が映し出されていますが、アプリではこのように表示されます。

アプリではデフォルトで4つのモードが登録されています。

「警戒」、「待機」、「スケジュール」、「ジオフェンス」です。

それぞれのモードも、待機以外は編集が可能。

それぞれのカメラの感度なども変更ができます。

非常に細かく設定ができます。

動作を感知した場合に、アプリでのプッシュ通知、メールの送信まで行ってくれます。

iPhoneへの通知はもちろん、Apple Watchへの通知も行ってくれます。

スケジュール機能も搭載。

曜日、時間で詳細に設定が可能です。

電源管理では、録画ファイルの映像品質を設定できます。デフォルトでは「高品位録画」に設定されています。

冒頭にバッテリーでの動作に触れましたが、製品仕様では通常の動作で4~6ヶ月の動作可能が謳われています。映像品質を最適化することで、更なるバッテリーでの長時間動作が可能です。

まず手始めにバッテリーのみでの動作をさせてました。

カメラ1を設置したのが玄関。

マウントは壁にビスで打ち込みました。

カメラ2を設置したのは、リビングから出たところにある物干し場のポーチの支柱です。

こちらの設置には、マウントは3Mの粘着テープで固定させました。さすが3M。設置をして2週間を過ぎましたが、雨に濡れてもビクともしません。

わが家は45坪という狭小地。間口も狭いので、このカメラでほぼカバーできています。

カメラ1を玄関に設置した理由ですが、門扉もなく誰でも入れる構造で、決してセキュリティーが高いとは言えません。原因は不明ですが、昨年2台の車のタイヤが立て続けにパンク。先日も、ほとんど乗っていない自転車がパンクしていました。

またカメラ2の設置の理由は、年頃の娘がいるということで洗濯物の干し場を選びました。

 

バッテリー動作でも、普通には使えますが、これではこの製品を使いこなせているとは言えません。

バッテリー動作では、動作を感知してから録画が始まりますが、電源を供給することで、動作を感知する3秒前から録画が始まります。

そして電源を供給することで、更に魅力的な使い方ができます。

1つ目が「アクティビティゾーン」です。

写真のように、指定したエリアに入った物体のみに感知します。カメラ1もカメラ2も一カ所しか指定していませんが、エリアを追加することも可能です。

もう1つの機能が「ジオフェンス」モードです。

まずiPhoneを使い、iPhoneのある場所を確定させます。

GPSを使って特定できますが、誤差を少なくするためには、住所で指定した方が良いです。

「ホームモード」(家にいる時)での動作を設定し、このエリアから出た時「退席中モード」の設定を行います。

この設定が完了すれば、自動でモードを切り替えてくれます。

私以外の家族のiPhoneにも同様の設定を行いました。

この事により、家族の一人でも家にいれば「ホームモード」で動作。そして3人すべてが出払ったら、「退席中モード」になります。

設定した「ホームモード」は、スケジュールで設定し、毎日21:00~翌朝の6:00までを監視。監視カメラの感度も、デフォルトの80では少し強いので、50と設定しました。

「退席中モード」は、常時監視で感度はこちらも50に設定。アクティビティゾーンも合わせて設定しています。

以上の動作を自動で行ってくれます。凄いと思いませんか?

現在使っているのが以上の「ジオフェンス」です。

もちろん、外出先からモードの変更や、手動でも撮影もできます。

カメラにはマイクとスピーカーが内蔵されているので、例えば訪問客に遠隔で対話もできます。

実際こんな使い方をしました。

わが家のホームドアホンは、モニターは付いていません。家にいる時にチャイムが鳴りました。私は家の2階にいましたが、降りていくのが面倒臭かったので、手元のiPhoneでアプリを使って対応。

モニター付きドアホンに早変わりです。

アイデア次第で、いろんな使い方ができるネットワークカメラです。

 

 

更新: 2019/04/22
Arlo Pro 2 の動画レビュー PREMIUM REVIEW

簡単に導入できるホームセキュリティカメラ


実際に撮影した動画を観てください。

昼間と夜間の動画を1つにまとめています。

映像品質は中で設定しています。

昼間も夜間もかなり鮮明に撮影できていると思います。

特に夜間は特筆すべきです。

左にある電柱には街路灯が点灯していますが、玄関灯は点灯していません。

それにも関わらず、これだけ鮮明に撮影できるとは、凄いです。凄すぎます。

恐らく、WDR(HDR)のチューニングが良く出来ているのだと思います。

更新: 2019/04/21
Arlo Pro 2 を使用することで日常で変化したこと PREMIUM REVIEW

常時家に警備員がいるようです

レビュー中に申し上げましたが、家の構造上、誰でも簡単に敷地内に入ることができます。

車があれば在宅ということが考えられますが、車がなければ、この家には誰も居ないと思われます。

しかしArlo Pro2を設置したことで、常に家に警備員が監視をしてくれています。

現実的ではありませんが、家に警備員を雇うことや、月額のホームセキュリティを契約することを考えれば、かなりコストパフォーマンスに優れていると思います。

一度設定さえしていれば、外出も安心してできます。

更新: 2019/04/21

おまけ①

レビュー内で、どのように電源を供給したかには触れませんでした。

ここでカメラ1とカメラ2に、どのようにして電源を供給したかを紹介します。

まず玄関に設置したカメラ1です。

屋外コンセントはありますが、そこからカメラまでケーブルを引き回すには7mほどの距離があります。面倒臭いのと、見た目が良くない。

そこで使ったのが、電球のソケットからコンセントを使うことができる、1灯2コンセントアダプタ

です。

今まで5製品ほど本格的なセキュリティカメラを使ったことがありますが、このアダプタの存在はその時に知っていましたが、使ったのは今回が初めてでした。

2つのコンセントの1つに、USB充電器を接続。その充電器から、電源を供給しています。

ここで1つ落とし穴がありました。

このアダプタを電灯のソケットに接続。もともと使っていた電球で動作をすると思っていました。しかし、この電灯まで電気が流れていないと、コンセントも使えない。当初はこのアダプタを使って、ミニボール球にすれば、フードから電球が出ないので良いと思っていました。

結局、電球を人感センサー内蔵のものに替えることで、電源の供給については解決できました。

見た目が良くありませんが、カメラへの電源の供給もできましたし、電灯の役目も問題なので、良しとします。

次にカメラ2への電源の供給です。

当初は宅内から、エアコンの穴を使って電源を取り出そうと考えましたが、大がかりなので頓挫。

見てすぐにわかると思いますが、モバイルバッテリーから電源を供給しました。

使っているモバイルバッテリーは24000mAhと大容量ですが、その上、ソーラーパネル内蔵を内蔵しています。

ちょうど屋根の内側に物を置けるスペースがあったので、防水性のないモバイルバッテリーですが、ほぼ雨に当たることはないでしょう。

そして屋根はスモークの透明なので、昼間はモバイルバッテリーへの充電を行ってくれます。

更新: 2019/04/21

おまけ②

レビューを見てもらってもわかるとおり、アプリが非常に良く出来ています。アプリはです。

ブラウザでも、「ジオフェンス」以外の操作は可能で、操作上はアプリと同じく良く出来ています。

しかし、

「こちらから」だと思います。

「こちらから」だと思います。

「ヘルプ」でしょう。

「お待ちください」の間違いでしょう。

以上のように、日本語表記がデタラメ。

これは早急に訂正した方が良いと思いました。

更新: 2019/04/21

おまけ③

カメラ①の設置状態を見ると、死角があることに気付くはずです。

特に、白い箱バンの前です。

この死角はある物で補っています。

写真が見づらいですが、ドライブレコーダーです。

家族の3台の車には、すべてVantrueのドライブレコーダーを使っています。

そしてこの箱バンにも、Vantrueのドライブレコーダーを設置しています。

このドライブレコーダーが優れもので、OBDⅡで接続してあり、常時電源を使っています。

そしてマイクロ波による監視を行っており、ちょっとした監視カメラの役目を行っています。

Arlo Pro2とこのドライブレコーダーで、鉄壁の環境を構築できました。

16人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • まこりんさん

    04/21

    レビューお疲れ様でした。

    「1灯2コンセントアダプタ」を使っての設置はスマートで良いですね!
    ちょっと電灯側が出っ張ってしまいましたが、ご愛敬と言うことで。
  • ナンチャンさん

    04/21

    まこりんさん

    電球が出っ張ってしまったのは計算違いです。
    なかなか計算通りにはいきませんね(^^ゞ

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから