レビューメディア「ジグソー」

AMD Ryzenは正義! コンパクトPCを目指してみた♪

■はじめに

今回レビューするのは、【AMD Ryzen(TM) 7 1700X】です。

こちらのCPUは、8コア/16スレッド 3.4GHzのミドルクラスCPUです。

GPUが搭載されていないので、インテルCPUと比較するには、少々難しいですが、

価格2018年2月と性能比較

 ・AMD  Ryzen(TM) 7 1700X ¥37,880- 8コア/16スレッド 3.4GHz

 ・INTEL Core i7-8700K ¥41,787- 6コア/12スレッド 3.7GHz

上記の通り、スレッド単価がAMDは約2,367円、INTELは約3,482円です。

さすがAMD、価格では圧勝です

 

★今回は、Core i7-7700Kと比較レビューをします。

 

 

■製品紹介

まずは外箱

 

横側、

 

中身、

CPUの箱はデカイものはいいモノ

そんな感じの主張です。8割は空白です。

 

この梱包のスカスカ感は、CPU独特ですよね。

 

 

■パーツ紹介

今回レビューに構築したパーツ紹介です。

 

◆マザーボード【ASRock Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac】

 

・1 PCIe 3.0 x16

・グラフィックス出力オプション: 2 HDMI

・7.1 チャンネル HD オーディオ (Realtek ALC1220 オーディオコーデック), Creative Sound Blaster™ Cinema 3

・4 SATA3, 1 ウルトラ M.2 (PCIe Gen3 x4)

・6 USB 3.1 Gen1 (1 Type-C, 前面に 2 個、背面に 3 個)

Intel® ギガビット LANI211AT

・Intel® 802.11ac+ BT 4.2

 

--選定ポイント--

今回のレビューのコンセプトはコンパクトPCです。

ITX規格の中で、IntelNICが搭載されている物を選定しました。

TCP/IPの構造上は多少パケットロスをしても問題ないとされていますが、

ファイル転送等をする際にパケットロスするとスループットが落ちるので、

NICはIntelかBroadcom製品がオススメです。

 

 

◆メモリ【バルク SK hynix 8GB PC4-2133  2枚

◆SSD  【INTEL 545s SSDSC2KW512G8X1】

安定のSK hynixメモリとINTEL SSDでございます。

 

 

◆電源【サイズ SCY-400D-FR12】 

あんまりパワーを使う予定は無いので、秋葉原で2480円で手に入るものを採用。

 

 

 

■基本性能チェック 電力比較

AMD Ryzen 1700X ※GPU RADEON 6700 バルク搭載

 アイドル時 111W

 

 負荷時 299W OCCT使用

 

 

INTEL Core i7-7700K

 アイドル時 30W

 

 

 負荷時 108W OCCT使用

 

 

 

 

■基本性能チェック ベンチマーク

 CHINEBENCH 15R

  CPUスコア:1525

 

PC MARK10

 総合3675

 

 

 

 

★リビングや、寝室にもうPCはもうありませんよね?★

 では、仮想マシンを作って、リモートで使いましょう!

 ※というコンセプトで複数コアを使います。

 

 

■複数コア利用 仮想PC 4台同時起動

 

イメージ画像

 

※フリーアンコンのみで作ったので、少々寂しいのはご了承下さい。

 

◆仮想マシンスペック

 CPU4コア

 メモリ3Gb

 NICブリッジモード

 OSWindows10 Pro

 

◆仮想ベンチマーク ※4台同時に同じ負荷をかけています。

 CHINEBENCH R15

  CPUスコア:295

 

 

 PC MARK10

※仮想マシンのため、OpenCLが動かない所は点数が低くなります。

 

仮想ベンチマークとCore i7-7700Kと比較 ※4台同時に同じ負荷をかけています。

 CHINEBENCH R15

  CPUスコア:158

 PC MARK10

 

 

 

■総評

AMD vs INTELですが、複数仮想マシン起動で比較すると、AMD Ryzenの圧勝となりました。

仮想マシンの体感品質としては、複数同時に負荷がかかっていると差分が分かります。おそらくメモリをより詰んでいれば、同時に16台など起動して検証すると大差が現れます。今回はAMD環境とINTEL環境を同じにするために、合計16GBでレビューを行いました。

 

 

しかし、GPU非内蔵のため、総合的にPCのサイズが大きくなります。

 

INTELをDeskMini110で組みました。

◆マザーボード【ASRock DeskMini 110】

◆CPU【INTEL Core i7-7700K】

◆メモリ【バルク SK hynix 8GB PC4-2133  2枚】※同一規格

◆SSD  【INTEL 545s SSDSC2KW512G8X1】※同一製品

 

左 AMD Ryzen 1700X   右 INTEL i7-7700K

 

 

やはり、GPU搭載とそれに伴う電源ユニットが大きくなることから、容量が1.4倍になりました。

比較の為にケースも取っ払いましたが、それでも一目瞭然です。

 

大きさを気にせず、パワフルなPCを求める方にはオススメです! 

 

24人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ほかのユーザーのレビュー

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから