むき出しのエンジンが語りかける美学
~4大メーカーを代表するネイキッドたち~

雄々しく逞しい正統派バイク


ゼファー1100(ZRTさんのもちもの)

ネイキッドバイクとは、naked=裸、すなわちカウルを装着していないエンジンやフレームがむき出しになったバイクのこと。70年代以前は暴走族か仮面ライダー(!?)以外、公道を走る国産バイクのほとんどはこのスタイルだった。しかし80年代に入り、ワークスマシンの技術を惜しみなく注いだヤマハTZRやホンダNSRなどいわゆるレーサーレプリカが登場すると、瞬く間に市場を席巻する。流れるようなフォルムと空気抵抗を計算した安定した操作性、そして前傾姿勢で風と一体化する抜群のスピード感。どのマシンも高価ではあったが、若者を中心に人々はこぞってレーサーレプリカに飛びついたのだ。

このレーサーレプリカブームは10年近く続く。ちょうどバブル景気の真っ只中であった当時、世間にはフルカウルでなければバイクにあらず、というような空気がどことなくあった。「どのバイクが速いのか?」「もっとも馬力があるのは?」…バイク乗りたちの一番の関心事はスペックだった。そんなブームの絶頂期、こうした世間の流れに新風、いや西風を吹き込んだのが、1989年に発売されたカワサキ・ゼファーだ。

鋼管フレーム、丸目一灯、空冷4発、廃れて久しい長めのシートとZⅡ(750RS)を思わせるレトロなボディ。発表された当時、400ccで50馬力を切る平凡なスペックに疑問の声が無かった訳ではなかったが、マスコミの予想を裏切りゼファーは爆発的に売れた。バブル時代、イケイケドンドンな風潮の傍らで密かなレトロブームが起きていたのは事実だが、レーサーレプリカのスマートなボディにすっかり慣れていた目には、その男らしく渋いフォルムは実に新鮮に映った。
この予想を上回るヒットに応え、カワサキは90年にはゼファー750を、92年にはゼファー1100をリリース。


ZRX1200S(ogw_sさんのもちもの)

どれもロングランヒットとなるが、排ガス規制の関係で現在はいずれも生産を終了しているため、750ccと1100ccは今でも中古市場では人気の的だ。このゼファーのヒットがきっかけとなり、市場にネイキッドバイクという概念が出来上がる。1989年はネイキッド元年ともいえるだろう。バイクは速さだけではなく、好みのスタイルで選ぶ時代になっていく。

カワサキではその後、ゼファーとは異なるコンセプトのネイキッドも発売する。パワーとスポーツ性も重視したZRXシリーズだ。ゼファーの空冷4気筒に対して、こちらはZZ-R400をベースにした水冷DOHC4バルブインラインエンジン。パワフルで軽快、より走りをイメージした造りになっている。94年に400ccのZRXがデビューし97年にはZRX1100、2001年にはZRX1200Rが登場した。ジグソーユーザーのもちものはZRX1200Rにハーフカウルを装備し、ヘッドライトが角型1灯から2灯式になったスポーツツアラー仕様。長旅の足には最適だ。