となりにいつもテディベア

子供も大人も大好きなぬいぐるみ


テディベア(zigsowユーザーのみ閲覧可能)

小さい頃、大好きなぬいぐるみに名前を付けた経験、ありませんか? さみしい時は話し相手になってくれ、冬の夜はベッドで添い寝してくれた大切なともだち。ふわふわで温かくって、その優しい肌触りを指に感じるだけで、なんとなく心落ち着いたものです。

そんなぬいぐるみたちの代表選手といえば、やはりテディベア。ずんぐりした体と愛らしい目をした熊のお人形。さまざまなメーカーから発売されたものから手作りのものまで、これほど世界で愛されているぬいぐるみは他にはないだろう。その名前は、アメリカ合衆国第26代大統領セオドア・ルーズベルトに由来する。1902年の秋、元軍人で冒険家であった彼は趣味の狩猟に出かけた際に一匹の傷を負った熊(老熊とも小熊ともいわれている)を追い詰めるが、「瀕死の熊を撃つのはスポーツマン精神にもとる」として撃たなかった。彼の高潔な行動をワシントンポストがクリフォード・ベリーマンの風刺漫画と共に掲載したのをきっかけに、彼の通称である『テディ』を冠した熊のぬいぐるみが人気を博すことになる。そんな誕生の経緯もあってか「テディベア」の名は商標として独占されておらず、現在でも熊のぬいぐるみ全般の愛称として親しまれている。